ループバック機能とその使い方

近年ポッドキャストやライブ配信や、ゲーム実況といった需要の高まりから、ループバック機能の重要性はますます高まっています。その機能を備えたAudient iD4mkⅡiD14mkⅡは、すぐにそうしたコンテンツ制作で活躍できます。今回は、そのループバック機能についてのご紹介と、実際どのように使うのかについてご説明いたします。


ループバック機能とは何なのか

パソコンからのオーディオと、マイクや楽器からのオーディオとを一緒に録音するには、出力からのオーディオをそのままケーブルで入力に戻す、という接続法を想像してみて下さい。実際にケーブルはありませんが、ループバック機能の内部で仮想的に再現しておこなっているのは、同様のことなのです。

つまり、パソコンのオーディオは別のチャンネル上でマイクにレコーディングされているのです。これにより、ソフトウェア上で編集したりミックスしたりする際に、オーディオをもっと自在にコントロールできるのです。

loopback diagram

何に使えるのか

ポッドキャスト配信、ビデオ会議を使用したインタビュー、パソコンでゲームをしながらの実況配信、あるいはコメントを入れながらのチュートリアル動画の制作など、ループバック機能が必要になる場面は沢山あります。どの作業の間でも、iDのインターフェイスを使ってすべてのオーディオをヘッドフォンでモニターできます。

loopback 使用イメージ
広がる可能性
コメント付きのチュートリアル動画
コメント付きの
チュートリアル動画
コメント付きのチュートリアル動画
ビデオ会議での
議事録
コメント付きのチュートリアル動画
ゲームの音とマイクによる
ゲーム実況
コメント付きのチュートリアル動画
YouTube動画への
重ね録り
コメント付きのチュートリアル動画
パソコンのサウンドと
マイクを使用した
ストリーミング配信
何が出来るのか

ループバック機能は、iDシリーズで使える専用ミキサーアプリのインターフェイスから自在にコントロールできて、驚くほど簡単です。以下のビデオから機能の紹介をご覧いただけます。

*YouTubeの設定(歯車マーク)から翻訳の自動生成で日本語を選ぶと日本語字幕付きでご覧になれます。

iD4mkⅡ

iD4mkⅡでループバック機能をご使用になりたい方は以下のユーザーマニュアルをご覧ください。

iD14mkⅡ

iD14mkⅡでループバック機能をご使用になりたい方は以下のユーザーマニュアルをご覧ください。

iD Mixer

専用ミキサーアプリiD Mixerのループバックミキサーを使えば、どのソースからのオーディオも自在にコントロールが可能。マイクのオーディオと他のソースからループバックしているオーディオのバランスも、思い通りに設定できます。

iD14mkⅡとiD4mkⅡのiD mixer上のループバックミキサーは、どんな音源でもループバックオーディオとして柔軟に対応できます。状況に応じて様々なセットアップが可能なのです。

iDmkⅡシリーズ 製品情報

様々な受賞歴を誇るiDシリーズは、ホームスタジオや手軽に制作したいプロレベルのクリエイターにも人気があります。製品の詳しい情報は以下のリンクからご覧いただけます。

iD4mkⅡ

iD4mkⅡ

2in | 2out オーディオインターフェイス

iD14mkⅡ

iD14mkⅡ

10in | 6out オーディオインターフェイス