• SUNSET
  • オーバードライブ
  • オープンプライス
  • ¥38,500
  • 4560347887512
strymon SUNSET
strymon sunset
strymon sunset
Classic overdrive sound, x2.
無双のハイブリッド・ドライブペダル
SUNSET

Sunsetは、最高峰のクラシック・オーバードライブ回路トポロジーを数々再現しており、プレーヤーに愛されてきた膨大なレンジのトーンを即座に呼び出すことに成功しました。我々は、それらの6タイプがカバーする膨大なレンジのオーバードライブを、A&Bの2チャンネルにまとめました。

  • 6 x ドライブ回路トポロジーに、それぞれ異なるカスタム・ボイシングを採用しました。
  • ドライブ回路は直列スタッキングによる、複雑に絡み合うレスポンシブな歪みトーンをクリエイトできます。
  • アナログ class A JFETの入力段ステージが最大ヘッドルームを保ち、最大20dBのシグナル・ゲインを実現しました。
  • Drive & Toneコントロールは、各回路トポロジーに沿ってサウンドをコントロールします。
  • シリーズ、リバース・シリーズ、パラレルのチャンネル接続方法が選択できます。
  • 接続するアンプによってトーンを調整できるBright switch(ブライト・スイッチ)を備えています。
  • スレショルド設定が可能なノイズ・リダクション機能
製品コンセプト
コンセプト

Digital or analog?
我々はそれら両方を選びました。

SUNSETのアナログの入力段は、超低ノイズ設計のclass-A JFETのディスクリート・アナログ・ゲイン回路を採用し、20dBの高くピュアーなアナログ・ゲインが得られます。このセクションの後に来るDSPゲインステージへクリーンな信号を送るために、信号レベルはこのステージでデジタルコントロールされています。このアナログ・セクションは、弾き手のタッチやニュワンス、ギターボリュームへの反応を真空管アンプに直接繋いだように、ありのままに再現してくれます。

パワフルなSHARK DSPがダイナミクスに追従しながら、歪みの要素となる複雑な倍音を生み出します。このハイブリッド・プロセッシングは、DRIVEがどのポジションでも行われており、歪みの程度にかかわらず、最高のサウンドをプレイしていただけます。


コンセプト

Two pedals at once.

Sunsetは2個のカスタマイズされたオーバードライブ・ペダルです。それぞれの選択、2台のルーティング、スタックした時の音色やトーンのコントロールが自在です。6種類のドライブ回路はそれぞれ異なるフィーリングを指に伝えてくれますし、それが一台の中にパッケージされているのです。シンプルにアンプにゲインを足す〜超重歪み、またはその中間か…、あなたはSunsetからアンプを自由自在にドライブすることができるのです。


コンセプト

ギタリスト永遠のテーマ

我々ギタープレーヤーは、究極のODペダルとパーフェクト・トーンを永遠に探し求めています。Strymonの開発チームは慎重に試聴を重ね、Sunsetの各チャンネルを1つのToneコントロールでダイヤルインできるように、カスタム・ボイシングをデザインしました。そのコントロール・レンジは、各回路タイプで最も効果的に働くようにカスタム・チューニングされています。また、2チャンネルのスタッキングも考慮し、コンビネーションが最適化されベストなサウンドが得られるように、設計されています。膨大なレンジのクラッシック・OD・トーンに即座にアクセスできるのです。


コンセプト

スタッキング

プレーヤー達は分厚く艶のあるサウンドでプレイするために、大音量でチューブアンプを鳴らしてオーバードライブ・サウンドを得ていましたが、今ではODペダルを組み合わせる『スタッキング』によって、更に自由にドライブを操ることが可能になりました。良いサウンドのODペダル1台でもドライブ・サウンドは得られますが、2台目のODペダルを繋ぐことで新たな厚みを重ねることができます。ODペダルのスタッキングは、コンビネーションによって非常に良い効果が得られます。Sunsetなら6種類のドライブ回路から選び、チャンネルA→B、B→A、A+B(パラレル)とルーディングすることができます。Sunsetはその良いコンビネーションを簡単に見つけることができるのです。このルーティングもFAVでリコールできます。


コンセプト

Channel A オーバードライブ回路

  • Ge(32):ゲルマニューム・オーバードライブ
    ゲルマニューム・ダイオードの柔らかなクリッピングが特徴で、ローゲイン設定ではドライ信号が混入します。ゲインをさらに上げるとローミッド帯域が強調され、タイトで分厚いサウンドに押し出されて来ます。このドライブはシングルコイルのサウンドを太く、ハンバッカーを押し出しの強い極太サウンドに仕上げます。
  • texas:テキサス・オーバードライブ
    シングル・ソフトクリッパー(歪み回路)タイプです。歪みのステージの前と後ろにフィルターがあり、スムーズでダイナミックなサウンドをクリエイトします。ゲインが増してもオリジナル信号のダイナミクスが保たれるため、ブルースや少しゲインを加えるスタイルに最適です。ミッドレンジの張りは独特のシグネチャー・サウンド。
  • treble:Channel A ブースト回路
    低域を取り除いたトレブル・ブースターです。オーバードライブ・アンプをタイトにサウンドを引き締めたり、低域が少しルースな後に繋ぐドライブペダルのサウンドをタイトにします。Toneコントロールノブを低くすれば、広い帯域のウースターとして使えます。

コンセプト

Channel B オーバードライブ回路

  • 2 stage:2ステージ・オーバードライブ
    2stage オーバードライブは、ソフトクリッピング・ステージ後にハードクリッピング・ステージを追加して、歪みが絡み合うオーバードライブを広いゲイン・レンジで完成します。イコライジングは、低域を保ちながら力強さをアンプへ伝えます。このオーバードライブは、浅いクリッピングからたくましいサチュレーションまでカバーしてくれます。
  • hard:ハード・オーバードライブ
    ハード・オーバードライブは、シングル・ハードクリッピング回路タイプです。ゲインが非常に高く、Driveコントロールが最大ではファズの領域に近づきます。低いゲイン設定ではマイルドで明瞭度の高いトーンが得られるため、守備範囲の広いドライブ・サウンドが得られます。広いToneコントロールは、ギラギラしたサウンドからなめらかな高域まで調整できます。
  • JFET:Channel B ブースト回路
    JFETタイプのクリーン・ブーストです。ダイナミクスとレスポンスはそのままに、ギター信号のゲインを上げたい場合に最適です。Driveコントロールを上げていくと、サウンドが丸くウォームに変化します。アンプのサウンドに力強さを足したいときに選択すると良いでしょう。
デモムービー
主な機能
ドライブ・スタッキングを決める
機能紹介

各チャンネル間のシグナル・フローを3ポジション(A→B、B→A、A+B)スイッチで設定できます。シリーズ、リバース・シリーズ、パラレルがケーブル接続なしで即座に簡単に変更できます。

ブライト・スイッチ
機能紹介

使用アンプに合わせて、高域特性をブライト・スイッチで選べます。マイナス(-)はブライトなサウンドのアンプ、ニュートラル(センター)は一般的なアンプ、プラス(+)はビンテージタイプのハイが伸びないアンプに適しています。

ノイズ・リダクション
機能紹介

Sunsetには、効き始めるレベルが設定できるスレッショルド付きのダウンワード・エクスパンション方式のノイズ・リダクション機能を備えています。この機能は、プレイしていない時にハムやバズ、システムノイズを抑えることができます。高性能な感知性能を誇り、スタッカートやサステインの減衰音も音の切れ目が聞き取れないほどの性能です。

『お気に入り』セッティング
機能紹介

『お気に入り』セッティングのセーブ/リコールが可能です。お気に入りのサウンドが決まったら、オプションのMiniSwitchを接続し、そのスイッチを長押ししてセーブします。再度押すとリコールできます。この簡単な操作で、スイッチを含めた全てのセッティングが即座にプレイできます。

エクスプレッション・ペダル入力
機能紹介

エクスプレッション・ペダルを接続してリアルタイムのコントロールが即座に操作できます。複数のノブを同時にアサインできますから、広いレンジの複雑なモーフィング・エフェクトが楽しめます。Sunsetはあなたの楽器の一部として、さらに深い表現力をあなたのパフォーマンスに加えてくれます。

ボリューム・モード
機能紹介

ボリューム・ペダルは必要ありません。エクスプレッション・ジャックをボリューム・モードに決定すると、バイパス時でもスムーズなログカーブのボリューム・コントロールが可能になります。エクスプレッション・ペダルがボリューム・ペダルの代わりをしてくれます。

コントロール
sunset
LEVEL

エフェクトがONの時、各チャンネルの出力調整をします。(A/B共通)

B LEVEL

ノイズ・リダクション:ハムやバズノイズを抑えるノイズ・リダクション機能を備えています。ノイズ・レベルに反応するスレッショルドが設定できます。高性能な感知性能を誇るこのリダクション回路は、ダウンワード・エクスパンション方式で、スタッカートやサステインの減衰音も音の切れ目が目立ちません。

DRIVE

各チャンネルの歪みを調整します。(A/B共通)

TONE

各チャンネルの高域調整。選択した回路スタイルによって、キャラクターやレスポンスが変化します。(A/B共通)

A

ドライブAのクリップタイプを切り替えます。

  • Ge(32):ゲルマニューム・オーバードライブ
    ゲルマニューム・ダイオードの柔らかなクリッピングが特徴で、ローゲイン設定ではドライ信号が混入します。ゲインをさらに上げるとローミッド帯域が強調され、タイトで分厚いサウンドに押し出されて来ます。このドライブはシングルコイルのサウンドを太く、ハンバッカーを押し出しの強い極太サウンドに仕上げます。
  • texas:テキサス・オーバードライブ
    シングル・ソフトクリッパー(歪み回路)タイプです。歪みのステージの前と後ろにフィルターがあり、スムーズでダイナミックなサウンドをクリエイトします。ゲインが増してもオリジナル信号のダイナミクスが保たれるため、ブルースや少しゲインを加えるスタイルに最適です。ミッドレンジの張りは独特のシグネチャー・サウンド。
  • treble:Channel A ブースト回路
    低域を取り除いたトレブル・ブースターです。オーバードライブ・アンプをタイトにサウンドを引き締めたり、低域が少しルースな後に繋ぐドライブペダルのサウンドをタイトにします。Toneコントロールノブを低くすれば、広い帯域のウースターとして使えます。
B

ドライブBのクリップタイプを切り替えます。

  • 2 stage:2ステージ・オーバードライブ
    2stage オーバードライブは、ソフトクリッピング・ステージ後にハードクリッピング・ステージを追加して、歪みが絡み合うオーバードライブを広いゲイン・レンジで完成します。イコライジングは、低域を保ちながら力強さをアンプへ伝えます。このオーバードライブは、浅いクリッピングからたくましいサチュレーションまでカバーしてくれます。
  • hard:ハード・オーバードライブ
    ハード・オーバードライブは、シングル・ハードクリッピング回路タイプです。ゲインが非常に高く、Driveコントロールが最大ではファズの領域に近づきます。低いゲイン設定ではマイルドで明瞭度の高いトーンが得られるため、守備範囲の広いドライブ・サウンドが得られます。広いToneコントロールは、ギラギラしたサウンドからなめらかな高域まで調整できます。
  • JFET:Channel B ブースト回路
    JFETタイプのクリーン・ブーストです。ダイナミクスとレスポンスはそのままに、ギター信号のゲインを上げたい場合に最適です。Driveコントロールを上げていくと、サウンドが丸くウォームに変化します。アンプのサウンドに力強さを足したいときに選択すると良いでしょう。
ON

各チャンネルのON / OFFを行います。ONでLEDが点灯します。両チャンネルがOFFの場合、電子リレーによるトゥルー・バイパスに切り替わります。


sunset
IN

ハイ・インピーダンス、モノ入力。

OUT

モノ出力。アンプ入力、ペダル入力、ミキサー入力へ接続します。

FAV

別売のMini switch を接続し、本体に記憶させたお気に入りの設定を瞬時に呼び出すことが出来ます。保存方法はマニュアル(完全版)をご参照ください。

EXP

TRS 端子のエクスプレッション・ペダルを接続し、出力または任意のコントロールをペダル操作することができます。

BRIGHT

出力の高域キャラクターを調整します。接続するアンプにマッチするサウンドを選択してください。

  • (ー):ブライトな音色のアンプに適しています。
  • BRIGHT:ハイゲイントーンのトップエンドの歪みを追加します。
  • (+):ダークで丸みのある音のアンプや、パワーアンプ(アンプ/エフェクトリターン)に直接接続する場合に選びます。
A + B

チャンネルA、チャンネルBの接続順を選択します。A+Bのモードは2つのチャンネルがパラレル接続されます。

  • B→A:信号は、チャンネルBを通過後にチャンネルAを通過します。
  • A+B:2つのチャンネルがパラレル接続します。
  • A→B:チャンネルAを通過後にチャンネルBを通過します。
POWER

9V DC センターマイナスのアダプターを使用してください。アダプターは250mA以上の電流容量が必要です。プラグは標準サイズの5.5mm x 2.1mmです。

よくある質問
FAV(フェイバリット)設定のリコール方法

Strymon MiniSwitchを本体のFAV入力に接続し、フェイバリット(お気に入りセッティング)のセーブ/リコールを行います。A、B、A+Bのサウンドまたはバイパスのフェイバリット設定が可能です。

  1. まず、MiniSwitchを本体のFAV入力にTRSケーブルで接続します。
  2. コントロール面で、ノブやスイッチのフェイバリットに保存する設定を決めます。
  3. フェイバリットには、ノイズ・リダクションの設定のみでも保存できます。これで、「ノイズ・リダクションのみ」と「マニュアルセッティング」を切り替えることもできます。
  4. セッティングが完了したら、Aフットスイッチを3秒長押ししてセーブします。
  5. それらのフェイバリットは、パワーアップ設定まで保存されます。
ノイズ・リダクションの設定方法
設定方法は日本語マニュアルV1.2 pg.5「ノイズゲートのスレッショルド」をご覧ください。
ノート:「ノイズ・リダクションのみ(音声バイパス状態)」でもフェイバリット設定は可能です。
ボリュームモードの使い方

EXPをVolumeモードに設定して、エクスプレッションペダルで出力レベルがコントロールできます。このモードでは、スムーズなLogオーディオカーブでボリュームがコントロールされます。

  1. まず、エクスプレッションペダルを本体のEXP入力にTRSケーブルで接続します。
  2. Aフットスイッチを長押ししながら電源を入れると、A&B両LEDが点滅し始め、EXPをVolumeモードに設定できます。
  3. フットスイッチを離し、BチャンネルのLEVELを12時のポジションにセットします。
  4. フットスイッチか、外部フェイバリットスイッチを押して設定を完了します。

Volumeモードでは、エクスプレッションペダルをトウポジションに踏み込んだ位置が、A & BチャンネルのLEVELノブの最大値になります。このレベルがフェイバリットに保存されます。
ノート:バッファード・バイパスの場合は、バイパス時もエクスプレッションペダルでのボリュームコントロールが可能です。

エクスプレッションペダルのコントロール

Sunset日本語ユーザーマニュアル Ver 1.2 pg. 10-11をご覧ください。
ノート:エクスプレッションペダルのセッティングはグローバル設定ですから、フェイバリットとマニュアル設定の両方に働きます。

バイパスモードの変更方法

Sunset日本語ユーザーマニュアル Ver 1.2 pg. 6をご覧ください。
バッファード・バイパスを選択すると、長いケーブル使用時でも高域ロスが減ります。Volumeモードが設定されていれば、バイパス時でもエクスプレッションペダルでボリュームコントロールが可能です。パワーアップモードでの変更がない限り、このバイパス設定は保存されます。

SunsetのMIDI機能

Sunset日本語ユーザーマニュアル Ver 1.2 pg. 15 - 19をご覧ください。
SunsetのMIDI機能は、ファームウェアVer 1.20でアップデートされています。実機のファームウェアバージョンを確認してください。

MIDI機能の使用方法
EXPジャック機能をデジタルに選択すると、EXPジャック経由でMIDI機能が使えます(日本語マニュアルpg. 8)。Sunsetに於けるMIDIメッセージの送受信は、(1/4“プラグ、EXPジャック共にIN(TIP)、OUT/THRU(RING))の双方向です。他のMIDI機器との接続は、strymon MIDI 1/4”TRS↔︎5pinケーブルを使用してください。(ノート:同仕様のケーブルでも、他メーカーの物はパッシブタイプで、誤動作を起こす実例が数多く報告されています。)
工場出荷時の設定
  • EXP入力ジャック:ボリュームペダル・モード
  • FAV入力ジャック:フェイバリット・イン・モード
  • エクスプレッション・ペダル・モード割り当て:DRIVE制御
  • ノイズゲート:OFF
  • バイパス・モード:トゥルー・バイパス
  • MIDIチャンネル:1
  • MIDI エクスプレッションOn/Off:On
  • MIDI出力モード:Off
MIDI機能の使用方法
EXPジャック機能をデジタルに選択すると、EXPジャック経由でMIDI機能が使えます(日本語マニュアルpg. 8)。SunsetにおけるMIDIメッセージの送受信は、(1/4“プラグ、EXPジャック共にIN(TIP)、OUT/THRU(RING))の双方向です。他のMIDI機器との接続は、strymon MIDI 1/4”TRS↔︎5pinケーブルを使用してください。(ノート:同仕様のケーブルでも、他メーカーの物はパッシブタイプで、誤動作を起こす実例が数多く報告されています。)
電源仕様
付属のACアダプター、Ojai、Zuma R300の使用を推奨します。必要な消費電流は250mA min.です。9VDC以上の電圧、AC電源に接続しないでください。故障の原因になります。本機の仕様と異なる電源と接続した場合の故障は、保証修理の対象にはなりません。お気をつけください。
電源のデイジーチェーン接続は可能ですか?
エフェクター用の分岐ケーブルでのデイジーチェーン接続は、グランドループによるマグネティックフィールドで発生するハムノイズの信号パスへの混入を引き起こします。Compadreを他のエフェクターとデイジーチェーン接続による電源供給を行わないで下さい。ペダルボードで複数のエフェクターと組み合わせる場合は、各電源出力が完全にグランドがアイソレート(2段のトランス絶縁)をされているOjai、Zuma R300の使用を推奨します。
アップデート

アップデート方法の確認のため、このビデオをご覧ください。

Firmware Version.1.75

Sunsetには、マイクロUSBポートが本体内の基板上にあります。まず、底板のネジを外し、基板が見える状態にしてください。すると、USBポートが左側に見つかります。このUSBポートとアップデートに用いるコンピューターをUSB同士で接続します。

下記より、ダウンロードするコンピューターに合わせたソフトウェアをダウンロードをしてください。‘Check for Updates’でバージョンを確認後、“Install Update”でインストールします。

Download Version.1.75

macOS Windows

必要システム環境

macOS 10.14 以上
Windows 10 以上

アップデート方法

アップデートするソフトウェアをコンピューターにインストールしたら、それを起動します。(電源の入ったペダルとコンピューターがUSB接続されていることを確認してください。)アップデートソフトウェアは自動的に接続機種を認知し、現ファームウェアのバージョンを表示します。

  1. 「Check for Updates」ボタンをクリックして、接続機種のアップデートを確認します。
  2. アップデートがあれば、「Install Update」ボタンで実行します。
  3. アップデートが完了すると、「installed version」が「latest available」とマッチします。
  4. コンピューターと接続しているペダルを外し、底板を元に戻します。
  5. ペダルは使用する準備が完了しました。
取扱説明書
製品仕様

インプット、アウトプット、スイッチ

  • ハイ・インピーダンス・モノラル入力
  • モノラル出力
  • お気に入り(Favorite)プリセットをリコールするFAV INジャック(別売、MiniSwitch使用)
  • エクスプレッション・ペダル入力ジャック。複数のモーフィング・コントロールが可能(エクスレッション・モード)、ログテーパーのボリューム・コントロール(ボリューム・モード)

DSP、オーディオ

  • 超低ノイズ24-bit 96kHz A/D & D/Aコンバーターを採用
  • 超高音質アナログ入出力
  • SHARK DSP採用
  • 32bit 浮遊演算方式

その他

  • バイパス:トゥルー・バイパス(アナログ・バッファード・バイパスに設定可能)
  • 入力電圧:9VDC センターマイナス、250mA
  • 付属品:専用パワーサプライ
  • サイズ・重量:102mm(幅)×117mm(縦)×67mm(高)※突起部含む / 450g
  • 軽量、堅牢なアルマイト処理アルミシャーシを採用
  • Made in USA
strymon 製品に付属されているACアダプターは、strymonデジタル製品専用です。単独で他の製品に使用したり、パラレル出力でstrymonと他のエフェクターを一緒に使用しないで下さい。