• AMPERO Ⅱ STOMP
  • アンプモデラー&エフェクター
  • オープンプライス
  • 77,000
  • 6959473905081
HOTONE AMPERO Ⅱ STOMP
HOTONE AMPERO Ⅱ STOMP
HOTONE AMPERO Ⅱ STOMP
HOTONE AMPERO Ⅱ STOMP
HOTONE AMPERO Ⅱ STOMP
HOTONE AMPERO Ⅱ STOMP
アップグレードでは納まらない飛躍的な進化
ジェネレーション“Ⅱ”の力強い幕開けです。
ampero2stomp

私たちが培ってきたデジタルテクノロジーが、いま新たなフェーズを迎えます。

アンペロシリーズの最新鋭機「AmperoⅡStomp」は、世界中に有り触れたアップグレードでは納まらない飛躍的な進化を遂げました。まさに「第二世代」と呼ぶに相応しいマルチストンプ新世代の幕開けです。

AmperoⅡStompは、ストンプボックスの1つとしてペダルボードに収まるサイズにその高い性能を凝縮しました。エクスプレッションペダルの無いすっきりとした筐体デザインに、豊富なインターフェースを搭載し、エクスプレッション&MIDIでどんなアプリケーションにも対応できます。コンパクトで高い実用性を誇るAmperoⅡStompなら、どんなツアーにも対応できるシステムを組み上げることができます。

大きく飛躍を遂げたサウンドクオリティ

AmperoⅡStompには、パワフルなtri-core DSPとESS® Sabre® AD/DAコンバーターを採用。最大127dBのダイナミックレンジを誇る24-bitシグナルプロセッシングを武器に独自の「CDCM HD & F.I.R.E.モデリング」にさらに磨きをかけ、遂に、驚異的なサウンドクオリティにまで辿り着きました。

よりリアルに進化したIRパフォーマンス

2048 IRサンプルポイントを採用し、前ジェネレーション(1024サンプルポイント)の精度を上回るスペックに進化しました。キャビネットやスタジオアコースティックのキャプチャー精度が向上し、よりリアルなサウンドをお届けします。さらに、Celestion® Digitalが提供する20 classic Celestion®スピーカーIRも標準装備。ユーザーがロードできるスロットも追加され、IRパフォーマンスを一新しました。

400+のアンプ、エフェクト&キャビネット

  • 87種類のアンプモデル
  • 68種類のキャビネットモデル
  • スタジオデーターに基づいた精度の高い7種類のマイクプレイスメント
  • ニュープリアンプモデル
  • パワーアンプエミュレーション
  • 100+ ペダルモデリング
  • 60+ Hotoneオリジナルエフェクト
  • 300 プリセット(100 バンク x 3 パッチ)
製品コンセプト

模索からの、新たな誕生。

ジェネレーションⅡの力強い幕開け

Amperoは我々にとってはただのシリーズ名ではありません。良いデジタルエフェクトプロセッサーとは何か?・・・と問い続けてきた結晶とも言えるでしょう。また、クオリティの高いサウンドを楽しんでもらえる良質なペダルを手に届く価格で実現すること、それが重要な課題でもありました。プレーヤーが演奏を楽しめるサウンドを新しいジェネレーションⅡとともにお届けできることが幸せです。


CDCM HD + F.I.R.E(Field Impulse Response Enhancement)

CDCM_FIRE

これまで、「サウンドが鈍い」「味気ない」「リアルさに欠ける」・・・と一般的に言われ続けてきたデジタルマルチのサウンド。私たちは、本物のアンプから感じるような生々しくリアルな音ができないものかと、開発に情熱を燃やし続けてきました。約10年に渡りリサーチやテストを繰り返し、ホワイトボックスモデリングやブラックボックスモデリングとは異なる、独自のCDCM HD + F.I.R.Eモデリングにたどり着きました。

オリジナルデバイスのパーツの音、入力信号の変化に追従するサウンドのダイナミックバリエーションを忠実になぞり、リアルトーンのフィーリングを再現することに成功しました。どんなプレーヤーもステージでそのリアルなサウンドに酔いしれることができる、そんなサウンドを実現したのです。


Tri-core プラットフォーム
ニュー シグナルプロセッシング ステーション

TRI Core

デュアルコアDSP ADSP-21573(SHARC)& MCU NPX1052からなるtri-core(トライコア)デジタルプラットフォームを採用し、オリジナルAmperoの250%上回る演算力を得ました。音質に影響を与えるコンバーターにも高音質を誇るESS® Sabre®シリーズAD/DAコンバーターを採用。ハードウェアのグレードアップが、さらに磨きをかけた独自のCDCM HD&F.I.R.Eモデリングソフトウェアを可能にしたのです。2ndジェネレーションに相応しい圧倒的な演算力と音質から、高いミュージカルダイナミクスと突き抜けるサウンドをお届けします。

デモムービー

Ampero Ⅱ Stompに内蔵された数あるプリセットの中から、選りすぐりのトーンを紹介している動画です。

主な機能
デュアル エフェクト チェーン

シリーズ/パラレル&外部とのステレオFXループなど、自由にカスタマイズできるルーティングと同時使用可能な12エフェクトモジュールを搭載しました。2系統のオーディオ入力に対応できるデュアル エフェクト チェーンは、ギター&ベースの同時プレイも可能です。

60秒ステレオルーパー

AmperoⅡStompは、最長60秒録音可能なステレオ レコーディング ルーパー機能を備えています。このルーパーにはundo/redo、1/2 speed、reverse record/playなどの重要な機能もフル装備しています。ライブ再生時には、ルーパーソースをドライまたはウェットのどちらでも信号再生が可能です。

タッチ&ゴーのスムーズナビゲーション

AmperoⅡStompは、『使いやすさとスピード』を重視したナビゲーションによるユーザーインターフェースを再構築しました。ルーティング、スイッチングやレベルの各設定、スタイルによりカテゴリー分けされたアンプやエフェクターの選択が、新しいタッチスクリーンから軽快に行えます。

豊富なI/O

インストルメント/ペダル/アンプ/インターフェース…どんなアプリケーション時の接続にも対応する入出力を装備しました。それらの入出力はワイド信号レベルレンジを備えたステレオ入出力です。また、外部からのコントロールはEXP/CTRLとMIDI In/Outで、パラメーターやパッチの切り替え、モジュラーのon/off等のコントロールもリアルタイムに操作できます。

  • 豊富な入出力でペダルボード上のエフェクターとのインターフェースも万全
  • MIDI I/Oジャック&EXP/CTRLジャックとの接続による高度な外部コントロール
  • 4インチ 800 x 480カラーダイナミックタッチスクリーンを採用
  • モバイルデバイス感覚で使えるユーザーインターフェースを実現
  • カスタマイズ可能なメインディスプレイモード
  • シリーズ/パラレルの複雑な接続まで可能なデュアルエフェクトチェーン
  • 400+の豊富なエフェクトライブラリー
  • アコースティック用エフェクト&プリセット
  • undo/redo 機能も備えた60秒ステレオルーパー
  • 最大12エフェクトモジュールの同時使用が可能
  • エフェクトチェーン内でのエフェクトモジュールの選択が自由に行えます
  • ステレオI/O&ステレオエフェクトループがルーティングや音作りの可能性を広げます
  • 50 xローダースロットを備えたIRローダー(3rd party IR付き:20 x classic Celestion®)
  • 2048 IRサンプリングポイントを採用
  • トゥルーステレオプロセッシング
  • アサイン可能な、マルチカラーヘイローLED付き3フットスイッチ
  • 8-in&8-out USBオーディオインターフェースとしても使用可能
  • インプットモードが入力により変更&設定できます
  • リアンプ機能搭載
  • 9-18V DCの電源供給が可能
コントロール
sunset

sunset
一般的な接続例

アンプ入力への接続

アンプ入力への接続

通常のエフェクターのように、本機の出力をアンプの入力へ接続します。必要に応じて外部コントローラーやエフェクターをRFXループへ接続します。


アンプのFXリターンまたはパワーアンプの入力へ接続する場合

アンプのFXリターンまたはパワーアンプの入力へ接続する場合
アンプのFXリターンまたはパワーアンプの入力へ接続する場合

パワーアンプ(アンプFXリターン)に接続する場合は、プログラム内のAMP&CABモジュールは使用しません。音色を変えたい場合はPRE AMPモジュールの使用をお勧めします。


他のエフェクターを使用する例

他のエフェクターを使用する例

本機をペダルボードに入れて、他のエフェクターと一緒に使うサウンドデザインを考えましょう。バイパスモードやFXループの設定が必要です。


ミキサーやオーディオインターフェースなどのフルレンジのオーディオデバイスと接続する場合

ミキサーやオーディオインターフェースなどのフルレンジのオーディオデバイスと接続する場合

家での練習やライブ演奏まで、異なる状況でも、常に素晴らしいトーンをお届けできます。


オーディオインターフェースとしての接続例

オーディオインターフェースとしての接続例

USBポートとコンピューターを接続します。ソフトウェアやドライバーを忘れずに準備してください。これでミニスタジオが完成です。


Auxジャックの使用

Auxジャックの使用

Aux入力にモバイルデバイスやミュージックプレーヤーを接続できます。これでバッキングを聴きながらのリハーサルが可能になります。


8-in/8-out オーディオインターフェース

オーディオインターフェース

本機は、図のように8-in/8-out USBオーディオインターフェースとして使用できます。「ウェットモニター&レコードドライ」、「レコードウェット&ドライ」、リアンプも自由自在です。ホームレコーディングの強力なツールとしてもお使いいただけます。

ソフトウェア・ダウンロード

Win/Mac エディティング・ソフトウェア

AmperoⅡStomp Editor

高機能なAmperoⅡStompのエディットをフルサポートできるソフトウェアを用意しました。ルーティング&モジュール設定や各エフェクトのエディットを迅速にサポートしてくれます。

ファームウェア:AMPEROⅡSTOMP Firmware 1.0.3 New!

Ampero II Stompの新しいファームウェアFirmware:v1.0.3がリリースされました。(2022年3月31日)

注意:ソフトウェアをアップデートする際は、USBケーブルをパソコンへ直接接続されているかご確認ください。USBハブを経由いたしますと、アップデートに不具合が発生する場合があります。

注意:ハードウェア・バージョンが V1.0.0より古いものをご使用の場合は、Firmware V1.0.3 より古いファームウェアにダウングレードしないでください。故障の原因になる可能性があります。(ハードウェア・バージョンは[Global]→[About]よりご確認いただけます。)

以下の手順でアップデートを行なってください。

  • 最新のFirmwareをPCにダウンロードします。
  • PCと電源OFFの状態のAMPERO Ⅱ STOMPをUSB接続し、エディターV1.0.2を立ち上げます。
  • Footswitch 2、3、Menu/Valueノブの3つを同時に押しながらAMPERO Ⅱ STOMP本体の電源をONにします。
  • エディター画面に「Update」のボタンが表示されたら、案内に従って画面を進めてください。
  • Firmwareデータファイルを選択する画面に入ったら、先にダウンロードした最新のFirmware binファイル「Ampero_II_Stomp_Firmware_V1.0.3.bin」を選択して頂くとUpdateが始まります。
  • Update完了後、AMPERO Ⅱ STOMPが自動で再起動しますと完了です。

アップデート後のソフトウェア・バージョンは、「Global」の中の「About」で確認いただけます。

バージョンの確認方法
ダウンロードはこちら(.zip)
Ampero II Stomp Editor 1.0.2 New!

HOTONE メーカーサイトより直接ダウンロードが開始されます。

  • AMPEROⅡSTOMP Firmware 1.0.2、1.0.1、1.0.0 に対応
ダウンロード(Windows) ダウンロード(mac OS)
ファームウェア:AMPEROⅡSTOMP Firmware 1.0.2
ファームウェア1.0.2

改善点、変更、バグフィックスの紹介

  • システムパフォーマンスを最適化しました。
  • I/Oメーターの精度を最適化しました。
  • スムーズなボリュームコントロール実現のため、ボリュームノブの動作を最適化しました。
  • 入出力ジャックが接続されると、対応するI/O メーターのフレームが点灯します。
  • USBオーディオの出力レベルが標準化されました。
  • エフェクトパラメーター(異常があった)が改善されました。: Behemoth M、Moo VCF Env、Chili Wah、Match 30 Clean (AMP/PRE AMP)、Emperor Drive (AMP/PRE AMP)、Messe Bass 400 (AMP/PRE AMP)、Tape Delay M、Tape Delay S、Reverse Delay、2290 Mod、2290 Ducker
  • エクスプレッションペダルの動作:パラメーターバリューと実際のバリューが異なる「パラメーター」が存在しました。このバグフィックスが完了しました。
  • テールスイッチのon/off 動作が繰り返されると発生したオーバーロードが修正されました。
  • Global EQメニューにおいて、特定周波数バンドスイッチのon/off 動作が繰り返されると発生した出力レベルクリッピングを解消しました。
  • 他のマイナーバグ修正が完了しました。
ダウンロードはこちら(.zip)
Ampero II Stomp Editor 1.0.1

改善点、変更、バグフィックスの紹介

  • Firmware V1.0.2 のサポートが追加されています。
  • I/Oメーターの精度を最適化しました。
  • パッチインポートに於いてクイックアクセスパラメーターやtime/rate ベースのセッティングが正しくインポートされないバグを修正しました。
  • 入出力ジャックが接続されると、対応するI/O メーターのフレームが点灯します。
  • パッチインポートにおいて一部のエフェクトパラメーターがデフォルト状態になるバグを修正完了しました。
  • 他のマイナーバグ修正が完了しました。
ダウンロード(Windows) ダウンロード(mac OS)

注意:パッチファイルの書き出しにおけるデータエラーを避けるため、エディターソフトV1.0.1.での再試行をお願いします。

ファームウェア:AMPEROⅡSTOMP Firmware 1.0.1

HOTONE メーカーサイトより直接ダウンロードが開始されます。

ダウンロードはこちら(.zip)
HOTONE USB ASIO ドライバー v5.12.0

HOTONE メーカーサイトより直接ダウンロードが開始されます。

ダウンロードはこちら(.zip)
AMPEROⅡSTOMP EDITOR v1.0.0 for macOS

HOTONE メーカーサイトより直接ダウンロードが開始されます。

  • AMPEROⅡSTOMP Firmware 1.0.1、1.0.0 に対応
  • macOS版
ダウンロードはこちら(.zip)
AMPEROⅡSTOMP EDITOR v1.0.0 for Windows

HOTONE メーカーサイトより直接ダウンロードが開始されます。

  • AMPEROⅡSTOMP Firmware 1.0.1、1.0.0 に対応
  • Windows版
ダウンロードはこちら(.zip)
よくある質問
Ampero II Stompは、どうして9-18V DC電源に対応できるのですか?

ご存知のように、ほとんどのペダルは9VDC電源を採用しています。複数のペダルへ電源供給する電源ユニットも9Vのマルチ出力電源がほとんどです。そこで、Ampero II Stompはペダルボード上で他のペダルと一緒に9-18V DCで使えるように設計しました。

本機は800mA以上@9V DCの高い電流が必要です。マルチ電源を使用する場合は、Ampero II Stompの故障を防ぐために、信頼性の高いマルチ電源(アイソレートタイプ)を使用してください。Strymon電源ユニットのように1つの出力は最大500mAが一般的です。本機に電源供給する場合は、カレントダブラーケーブル(1Aの電流が流せる規格のケーブル)で2つの出力の合計で1Aが出力できる様にして使います。

本体の3つのフットスイッチでは足りない場合は、追加フットスイッチやペダルで操作できますか?

Ampero II Stompは、2種類(EXPペダルもしくはフットスイッチ)の外部コントローラーに対応しています。

AMPERO II STOMPがエディターに認識されない??? New!

本体のUSB Firmware Updateを行い解決できます。


Windows PC

Windows PCの場合は、AMPERO II STOMP用エディターの他に「HOTONE ASIOドライバー」が必須です。
インストールが完了していない場合は、以下URLから「Hotone Generic USB ASIO Driver V5.12.0 Setup」をダウンロード&インストールまで完了してださい。

https://www.hotoneaudio.com/support/3

ノート:ASIOドライバーのインストールを完了した状態でもエディターに認識されない場合は、本体側のUSBドライバーアップデートをお試しください。

  1. 以下URLから「Solution of Ampero ll Stomp Hardware & Software Connection Problem」をダウンロードします。
    https://www.hotoneaudio.com/support/2
  2. ダウンロードしたファイルを開き「windows」→「Application」→「HOTONEUsbAudioDfu」から「HOTONEUsbAudioDfu.exe」を立ち上げます。
  3. AMPERO II STOMPをUSB接続し、どのボタンも押さない状態で起動します。
  4. ウィンドウ内の「Browse」ボタンを押し、先にダウンロードしたファイル内にある「Ampero II Stomp USB Audio Firmware V1.10.bin」のファイルを選択して「Start」を押します。
  5. アップデートが終了したら、エディターを立ち上げて、正常に認識されるかを確認してください。
windows画面

mac OS

  1. 以下のURLより「Solution of Ampero ll Stomp Hardware & Software Connection Problem」をダウンロードします。
    https://www.hotoneaudio.com/support/2
  2. ダウンロードしたファイルを開き「mac Updater」からアップデート用アプリケーションをインストールします。
  3. AMPERO II STOMPをUSB接続し、どのボタンも押さない状態で起動します。
  4. ウィンドウ内の「Browse」ボタンを押し、先にダウンロードしたファイル内にある「Ampero II Stomp USB Audio Firmware V1.10.bin」のファイルを選択して「Start」を押します。
  5. アップデートが終了したら、エディターを立ち上げて、正常に認識されるかを確認してください。

※macOS10.14以降のマシーンでのみアップデートが可能です。

windows画面
製品仕様

INPUT セクション

  • 2 x 1/4”楽器入力(TS)
  • 1/8”ステレオ AUX IN
  • 1/4”TRSエクスプレッションペダル / モメンタリーフットスイッチ(EXP/CTRL)ジャック
  • 1/4”TRSアンバランスステレオ FX LOOP RETURN ジャック
  • スタンダード 5 pin MIDI 入力ジャック

入力レベル

  • INPUT:-17.78dBu(ノーマル) / 14.5dBu(最大)
  • FX LOOP RETURN:-17.78 dBu(ノーマル) / 14.5dBu(最大)
  • AUX IN:-17.78dBu(ノーマル) / 20dBu(最大)

入力インピーダンス

  • エレキギター:1MΩ
  • アコースティックギター:4.7MΩ
  • LINE:10kΩ
  • FX LOOP RETURN:100kΩ
  • AUX IN:10kΩ

OUTPUT セクション

  • 2 x 1/4”TRSバランスステレオ出力ジャック
  • 1/4”TRSアンバランスステレオFX LOOP SENDジャック
  • 1/8”ステレオヘッドフォン出力ジャック
  • スタンダード 5 pin MIDI 出力ジャック

出力レベル

  • OUT:-17.76dBu(ノーマル) / 26.25dBu(最大)
  • FX LOOP SEND:-17.78 dBu(ノーマル) / 14.5dBu(最大)

出力インピーダンス

  • バランス出力:1kΩ
  • ヘッドホン出力:47Ω
  • FX LOOP SEND:1kΩ

デジタル・セクション

  • デジタル・プロセッシング:24-bit depth, 44.1kHz sample rate
  • 周波数特性:20Hz – 20kHz ± 1dB
  • ダイナミックレンジ: 最大 127dB(digital to analog)
  • 搭載エフェクト数:460(グローバルEQを含む)
  • モジュール数:16
  • エフェクトスロット:同時最大スロット数 12
  • プリセット数(パッチ):300
  • ルーパータイム:ステレオ 60秒
  • ディスプレイ:4インチ 800 x 480px カラー・ダイナミック・ディスプレイ・タッチスクリーン
  • USBポート:USB2.0 Type-C、USBオーディオ2.0
  • インパルスレスポンス / IRプロセッシング:24bit/44.1kHz モノWAVファイル、1024&2048ポイント、最大ユーザーIRスロット:50

    • その他

      • 電源:9VDC – 18VDC センターマイナス
      • 消費電力:最大800mA(9VDC給電時)
      • サイズ:185mm(W)x 145mm(D)x 58mm(H)
      • 重量:1050g