strymon El Capistan ストライモン エル・キャピスタン

製品情報 エフェクター ディレイ テープ・エコー ギター effector delay tape echo guitar

エル・キャピスタン

テープエコーならではの
太く、温もりのある感触を。

テープならではのサチュレーション、ワウ&フラッターがもたらす微妙な揺らぎ、Biasレンジによるエコーサウンドの変化……深くロックシーンに刻まれたそのミスティークなテープエコーのサウンドが蘇ります。 マグネティック・テープを超えたモンスター機、エル・キャピスタン。

UK、US & Japan madeのビンテージ・テープエコーの秀作機を徹底解析し、strymon独自のdTapeテクノロジーを開発。代表的な3種類のテープエコー・マシンのサウンドを酷似に再現。更に、それらのディメンションを超えて本機は登場しました。 他のstrymon同様、超高速DSPだから実現できた素晴らしいサウンドをお楽しみください。

ライン入力(+4dB)にも対応していますので、ミキサーからのインサート等にもご使用いただけます。また、2012年5月製造版より、TRSステレオ入力にも対応しています。

製品名 El Capistan(エル・キャピスタン)
概要 dTape エコー
価格 オープンプライス
参考価格帯 ¥35,000 前後(税別)
JAN 4560347887376
ダウンロード 日本語マニュアル
  サンプル・セッティング
関連情報 dTape:技術白書
関連製品 TIMELINE
ビンテージ・テープエコーの感触

3種類のテープヘッド・モード

El Capistanに搭載された3種類のテープヘッド・モードは、ヘッド位置が固定されたテープエコー・マシンの特徴と、テープスピードが固定された機種それぞれのエッセンスを網羅しています。

  • 固定ヘッド・モード

    fixed TAPE HEAD モード(固定ヘッド・モード)では、「TIME コントロール」はテープのスピードを調節します。
    A:ショート・ディレイ/タップテンポ:16分音符
    B:ミディアム・ディレイ/タップテンポ:付点8分音符
    C:ロング・ディレイ/タップテンポ: 4分音符
  • 複数ヘッド・モード

    multi TAPE HEAD モード(複数ヘッド・モード)では、3つのヘッドから動作するヘッドを2つ選択します。「TIME コントロール」はテープのスピードを調節します。
    A:ヘッド1と2が動作します
    B:ヘッド2と3が動作します
    C:ヘッド1と3が動作します
  • スライド式ヘッド・モード

    single TAPE HEAD モード(スライド式ヘッド・モード)は、テープ・スピードを固定し、録音ヘッドから再生ヘッドまでの距離を調節することによって、ディレイ・タイムを決めるモードです。 「TIME コントロール」はスライドするヘッドの位置を調節します。
    A:テープ・モーターの速さが2倍の速さに固定されます。高音質の再生音と短いディレイタイムが再生されます。
    B:テープ・モーターの速さが通常の速さに固定されます。劣化の多いの再生音と長いディレイタイムが再生されます。
    C:ルーパーとして使えるSound on Soundのモードです。

サウンド・オン・サウンド(ルーパー)機能

ムービングヘッド・マシン(エコープレックス)のように、El Capistanには録音した音が繰り返される「サウンド・オン・サウンド機能」を備えています。本機にはエコー・マシンの録音機能に加え、テープ・スタイルの『Looper/ルーパー』として使用できるように、テープの継ぎ目の設定や一発消去の機能を搭載しました。


サウンド・オン・サウンド(ルーパー)デモ
「TAPE HEAD:Single/MODE:C」に設定すると、エコー・マシンのように録音が始まります。 録音するテープ長を決めるために、まずTAPスイッチを押して録音テープのスタート位置を設定します。次に、再びTAPスイッチを押して音のストップ位置(テープの継ぎ目)を設定します。スタートからストップまでの音が繰り返されている間、全てのコントロールは有効ですので、リアルタイムで音質を変更する事ができます。TAPスイッチを3度目に踏むと、全ての録音が消去されます。
なお、録音時間は、低速で20秒、高速で10秒です。

サンプル・サウンド

A taste of everything

最初のパートはsingleを使用。time 0:15でMODEをB→Aに切り替えています。リピート音が倍速に変わるのが聴き取れます。次のパートはfixedが使用され、REPEATSとWOW & FLUTTERとTape Crinkle(※)を上げて汚れたサウンドを作っています。0:42から徐々にTIMEコントロールを下げ、0:49ではREPEATSをだんだん最大に近づけて行き、0:51で最大にしています。

Worn out tape

multi、MODE Bを選択。WOW & FLUTTERとTape Crinkle(※)を適度に加えます。TAPE AGEは70%程度。

Saturated wash

singleを使用。MODE AでTape Crinkle(隠し機能)設定は“0“、Low End Contour(※)設定は”最大“にし、低域が大きくカットされたリピート音に設定しています。磁気ドラムのエコー・マシン(BINSON)の設定です。高いリピート設定では、ギターサウンドのバックでサチュレートしたサウンドが鳴り続けます。

Magnetic drum wash

TAPE AGEは最小。Tape Bias(※)=70%、REPEATSは発振するレベルまで上げます。Low End Contour(※)は最大に設定します。

Dark and dirty

fixed、MODE Bを選択。TIME最大、この状態はWOW & FLUTTERとTape Crinkle(※)の影響を最も受けます。修理調整が必要なテープ・エコー・マシンのサウンドです。

In need of service

fixed、MODE Bを選択。WOW & FLUTTERとTape Crinkle(※)は最大に設定します。要修理のエコーマシンのサウンドです。

Dirty slap

fixed、MODE Aを選択。ディストーション・ギターのサウンドにスラップバック・エコーを加えています。タイムを適度に伸ばすとミックス時に他とブレンドしやすくなります。

Old tape

fixed、MODE Bを選択。TAPE AGE =75%
更に古いテープのサウンドの再現にはLow End Contour(※)=75%、WOW & FLUTTER & Tape Crinkle(※)を50%に設定します。

Power guitar

single、MODE Aを選択。TAPE AGEでナチュラルなエコーに調整します。パワーコードに最適なエコーサウンドが得られます。

Better days

最初はRoland Juno 6のドライサウンド。
fixed、MODE Bを選択。TAPE AGE =75%、Low End Contour(※)=50%、WOW & FLUTTER & Tape Crinkle(※)を75%に設定します。80年代を思わせるサウンドです。

Wow & Flutter

single、MODE Bを選択。WOW & FLUTTER と Tape Crinkle(※)を4段階に調整して、テープエコーのコンディションを模倣しています。WOW & FLUTTER と Tape Crinkle(※)を高く設定していくと、だんだん不安定でロー・ファイなサウンドに変化していきます。

Tape echo arpeggio

最初はRoland Juno 6のドライサウンド。
fixed、MODE Aを選択。TAPE AGE、Low End Contour(※)、WOW & FLUTTER & Tape Crinkle(※)全てを50%に設定します。

Rasta

fixed、MODE Bを選択。Spring Reverb(※)を加え、REPEATSを高く設定します。レゲエの特徴的なサウンドが得られ、リピート音がリズムをサポートします。

Tape with drive

fixed、MODE Bを選択。アンプモデリングは若干歪ませます。
TAPE AGE、Low End Contour(※)=75%、WOW & FLUTTER と Tape Crinkle(※)=50%。 TIME コントロールを「max → min → max」と動かしています。 録音方法:El Capistan → Digi002 → Line 6 POD Farm plug-in(Vox AC30 amp model)

Spaceship

fixed、MODE Aを選択。ショートリピート設定でTIMEを変化させて、クラッシックなスペースサウンドを作っています。サウンドクリップは一音を入力して、El Capistanのコントロール操作でサウンドを変化させています。

Dirty multi head

multi、MODE Bを選択。
TAPE AGE & Tape Crinkle(※)=75%。Spring Reverb(※)も追加。 録音方法:El Capistan → Digi002 → Line 6 POD Farm plug-in(Vox AC30 amp model)

Rastaship

RastaとSpaceshipをオーバーダブしました。

おもな機能と特徴

2nd ファンクション・コントロール

El Capistanに搭載されたノブ・コントロールは、本体に記された通常のコントロール以外にも、Tape Biasを調整したり、テープの摩擦やシワを再現したり、Reverb搭載のテープ・エコーを再現するコントロールなど、これまでの歴史上に存在した様々なテープ・エコーに限りなく近づけることが可能です。

アナログ・ドライ・ミックス

入力信号(ギター信号等)はAD変換されず、アナログのままディレイ信号とミックスされます。 アナログ信号パスは、内部で昇圧されたアナログ専用電源を用いた高級HiFiレベルのミキサー回路を採用。原音が損なわれることはありません。

信号レベル調整機能

El Capistanでは、エフェクトON時の信号レベルを±3dBの範囲で調整することが出来ます。

TRUE & Buffered Bypassセレクト

ディレイ音をバイパス切替え時に残すBuffered Bypassと、ディレイ音を完全にカットオフするTRUE & Buffered Bypassを選択する事が可能です。

ステレオIN ステレオOUT

インプットは、本体内のジャンパー・スイッチによってモノラル/ステレオ(TRS)を切り替えることができます。 アウトプットには、モノラルのアンバランス端子が、左チャンネル、右チャンネル用にそれぞれ用意されています。ギター用のステレオ・エフェクターとしてはもちろん、+4dBの信号にも対応しておりますので、ミキサー卓のインサートに接続してラック型エフェクターと同様に使用することができます。

リアルタイム・リモート・ノブ・コントロール

5つのノブ・コントロールから1つにアサインして、エクスプレッション・ペダルを使ってリアルタイム・コントロールすることができます。

プリセットメモリー

別売フットスイッチを使用して、FAVORITEプリセット(お気に入り:1設定のみメモリー可能)とコントロールノブの設定との切替えが可能。

コントロールと入出力

フロントパネル・コントロール

TAPE HEAD

El Capistanに搭載された3種類のテープヘッド・モードは、ヘッド位置が固定されたテープエコー・マシンの特徴と、テープ・スピードが固定された機種それぞれのエッセンスを網羅しています。

  • fixed:固定ヘッド・モード
  • multi:複数ヘッド・モード
  • single:スライド式ヘッド・モード

MODE

各TAPE HEAD選択時に違う働きをします。

TIME

テープ・エコー実機に例えて説明した場合、「fixed」および「multi」のTAPE HEADモードでは、テープのスピードを調節します。「single」モードではスライドするヘッドの位置を調節します。

MIX

ドライとエコーのミックスをコントロールします。最小でドライ100%、最大でディレイ 100%に設定できます。ドライとエコーのミックスはアナログ回路内で行なわれ、ドライ音はデジタル変換される事なく、オリジナルの音質を損ないません。3:00辺りの設定で50:50のミックスが得られます。

TAPE AGE

テープの違いやテープ・ヘッドの調整不良による、周波数帯域と音質の違いを調節します。古いテープは周波数帯域が狭く、高域のサウンドが少し劣化して温かいサウンドに変わります。また、テープ・ヘッドの調整不良は、高域の音質の劣化に大きな影響を与えます。

REPEATS

エコーのリピート数を調節します。0%の位置でリピート数は1回、100%の位置で無限に繰り返されるリピートが再現されます。

WOW & FLUTTER

テープの動作によるピッチの揺れを調節します。低い設定値では、良く整備されたマシンのように、ピッチの揺れの少ないサウンドが得られます。高い設定値ではピッチの揺れが大きくなります。また、このコントロールはテープのスピードにも影響されます。コントロールの設定値が高い時、遅いテープ・スピードでは揺れが大きくなり、速いテープ・スピードでは空間的な深みが大きくなります。

TAP フットスイッチ

タッピングでエコータイムを設定すると、タッピングのスピードに合わせてテンポLEDが点滅します。また「Sound on sound(ループ機能)」使用時には、ループの開始地点と終了地点を指定する為に使用します。
※TAPフットスイッチをホールドするとリピート音を永続的にホールドすることができます。

BYPASS フットスイッチ

エフェクトのオン/オフを切り替えます。工場出荷時にはトゥルーバイパスに設定されています。LEDの点灯時がエフェクト・オンの状態です。
※バイパスを「バッファード・バイパス」に切り替える場合は、BYPASSフットスイッチをホールドしながらアダプターを接続して電源を入れます。バッファード・バイパスの場合は、バイパスする際にエコーのリピート音が残ります。

2nd ファンクション・コントロール

El Capistanは、様々な状態のテープエコー・マシンを完璧に再現する為に、テープの状態、テープヘッドのバイアス設定、機械部のコンディションなど、多岐にわたるコントロールが搭載されています。隠し機能のコントロールを操作するには、「TAPスイッチ」と「BYPASSスイッチ」を同時に押しながら、各コントロール・ノブを操作します。

SPRING REVERB

スプリング・リバーブの追加量を調節します。最大値でスプリングの質感が最大限に生かされます。

±3dB

エフェクトがオンになった時の音量を3dBのブーストまたはカットすることができます。 12:00の設定で0dBとなります。

LOW END CONTOUR

リピート音の低域を調節します。原音に近い周波数帯域の再現から、ハイパス・フィルターをかけたサウンドまで再現する事が出来ます。ビンテージのエコー・マシンには低域が削られたサウンドを生み出すものがありました。

TAPE BIAS

テープ・マシンのバイアス調整の状態を再現します。高い設定値ではヘッドルーム(録音レンジ)が狭く音量が低くなります。低い設定値ではヘッドルームの広くなるため、クリーンなサウンドが得られます。

TAPE CRINKLE

摩擦やシワ、汚れ、継ぎ目などテープに発生している異常を再現します。最小値で手入れされた新品状態のテープを再現し、最大値で劣化してグチャグチャの状態のテープを再現します。このパラメーターは、テープ・スピードに影響されてサウンドが変化します。

入出力パネル

INPUT

楽器レベルおよびライン・レベルの信号を入力することが出来ます。入力インピーダンスは、1MΩのハイ・インピーダンスです。 また、本体内部のジャンパー・スイッチによって、モノラル入力/ステレオ入力(TRS)を切り替えることができます。

内部ジャンパー・スイッチ

2012年5月以降に製造された製品(※フットスイッチを押した際に「カチッ」とクリック音がしない物)では、ステレオ入力が使用できるようになりました。INPUT端子には、TRSステレオ端子が採用されています。
工場出荷時の設定ではモノラル入力として動作しますが、本体内部のジャンパー・スイッチを切替えることで、ステレオ入力に切り替えることができます。ジャンパー・スイッチは裏蓋を外した中にあります。
ステレオで入力する場合には、TRS ステレオ入力用ケーブル(Y字ケーブル)を使用してください。

L / R OUTPUT

モノラルのアンバランス端子が、左チャンネル、右チャンネル用にそれぞれ用意されています。ギターアンプのINPUTやエフェクトループ、さらにはライン・レベルの信号にも対応します。出力インピーダンスは100Ωです。本機をモノ使用する場合はL出力からアンプやミキサーに接続します。

EXP

エクスプレッション・ペダル入力には、以下の外部ペダルが接続可能です。

  • エクスプレッション・ペダル:任意のコントロールをリアルタイム操作
  • TAP スイッチ:タップテンポの入力
  • FAVORITE スイッチ:お気に入りのセッティングの保存

POWER

9V 以上の電源は絶対に接続しないでください。9VDC / 250mA 以上の(電流容量を備えた)DC電源が必要です。

スペック
  • 入力インピーダンス:1MΩ
  • 出力インピーダンス:100 Ω
  • S/N比:115dB
  • 周波数特性:20Hz~20kHz
  • 最大入力レベル:+8dBu
  • A/D & D/A性能:24bit、96kHz
  • DSPパフォーマンス:1596 Mega FLOPS
  • バイパス:トゥルー・バイパス(出荷時)、バッファードに切り替え可能
  • 入力電圧:9VDC センターマイナス、250mA
  • 付属品:専用パワーサプライ
  • サイズ・重量:102mm(幅)×117mm(縦)×67mm(高)※突起部含む / 450g
  • 軽量、堅牢なアルマイト処理アルミシャーシを採用
  • Made in USA

strymon 製品に附属されているACアダプターは、strymonデジタル製品専用です。単独で他の製品に使用したり、パラレル出力でstrymonと他のエフェクターを一緒に使用しないで下さい。

ページの先頭に戻る