LAA CUSTOM ST81

製品情報 エフェクター ギター 歪み ブースター effector guitar booster

ST81

LAA-custom ST81 CLASS A POWER BOOST

プロフェッショナルユースのスタジオ機器で用いられるディスクリート回路やオーディオトランスを用いたデザインを採用しました。ST81は、2バンドのアクティブEQを備えたClass Aブースターです。

自社製作のトランスの出力インピーダンスは、非常に低く長いケーブルを使用しても信号の高域劣化がありません。また、トランスが生み出す独特の優しい高域とマッシブな低域は、一般的なブースターペダルと一線を博すダイナミックレンジと、真のスムーズでウォームなサウンドを低ノイズで実現しました。力強いトーンシェーピングやSOLO ブーストの用途に最適です。

製品名 ST81
概要 ブースター
価格 オープンプライス
参考価格帯 ¥29,500 前後(税別)
JAN 4560347880490
関連製品 CN81
動作電圧とダイナミックレンジ

広いゲインレンジはクリーンブーストから深くきめ細かい歪みまでカバーできます。動作電圧は18Vまで使用できるため、より広いダイナミックレンジとタッチレスポンスを求める場合は、高い電圧を供給してください。

本機は、メカニカルスイッチのトゥルーバイパスを採用しています。

True Coil Technology
オーガニックなアナログ回路→出力段に自社製作したオーディートランスを使用しています。このトランスは、高周波数帯域で安定した位相特性を誇り、歪みをさらにマイルドで、より太く&タイトに仕上げてくれます。そのサウンドは、プレーヤーのエモーションな『一押し』を力強く表現してくれます。9〜18Vのワイド動作電圧に対応しており、高い電圧での動作ではさらにこの表現力が高まります。True Coil Technologyによるクラシカルなサウンドは、広いジャンルのギターサウンドをサポートしてくれます。

『True Coil Technology』の少し掘り下げた話

この方式は、60年代のプロオーディオ機器のサーキットトポロジーを、ギターやベース用にペダルに応用したものです。この『True Coil Technology』は、図のようなドライバー(Class A Driver)と出力トランスのパートで構成されています。Class A Driverは、トランスを十分ドライブできるゲインを生み出すため、パワートランジスターを使用した小型Class Aパワーアンプの役目を果たしています。

このデータは10〜40kHzの周波数特性です。薄くフラットな線がドライバーの出力特性です。太い線がトランス出力の特性です。リッチな倍音が広域で追加され散ることがわかります。20数kHzから信号が減衰し、40kHz付近では信号レベルは大きく減衰します。

重要なエレメントは次に来る出力トランスです。このトランスは、ライン信号受けることができ、ペダルに入るように小さく、可聴範囲の20〜20kHzで良い周波数特性が得られています。

太いラインがFJODの出力トランスからの信号です。細いグラフのドライバー出力より400Hz〜2kHzがサウンドの力強さを表しています。

FJODのFFT特性図です。トランス出力が倍音リッチであることがわかります。

この回路中の最も重要な素子(出力トランス)は、ペダルに使用できるマテリアルのコンビネーションやサイズ、巻線を研究し、60年代のプロオーディオ機器のサウンドのテクスチャーをCarloは、81Seriesで完成しました。そのサウンドはダイナミクスに優れ、リッチで芳醇な倍音が絡み合ったサウンドを引き出してくれます。

コントロール

1.TREBLE

Boost / Cut @ 8kHz - 12dB

2.BASS

Boost / Cut @ 80Hz - 12dB

3.BOOST

エフェクト(BOOST)ボリューム

4.FOOT SWITCH

エフェクト ON/OFF

5.POWER

9〜18V 入力DC電源(センターマイナス)

スペック
  • 電源:DC9V〜18Vパワーサプライ(センターマイナス)
  • 入力インピーダンス:180kΩ
  • 出力:インピーダンス:600Ω
  • ゲイン:+25 dB at 800Hz
  • トーンコントロール:±12 dB at 80Hz & 8kHz
  • 寸法:W64×H128×D67mm(※突起物含む)
  • 重さ:347g
オンラインショップ
ページの先頭に戻る