GFI SYSTEM SPECULAR TEMPUS スペキュラー・テンパス

製品情報 エフェクター ギター ディレイ リバーブ effector guitar delay reverb

speculartempus

Reverb & Delay アルゴリズムを集結したGFI SYSTEMのフラッグシップモデル

Specular Tempusは、13 xリバーブアルゴリズム、17 x ディレイアルゴリズム、6 x Reverb & Delayコンビネーションを集結したGFI SYSTEMのフラッグシップモデルです。32のプリセットロケーション、ステレオI/O、タップテンポ、外部機器との相互接続I/Oと、充実した機能でプレーヤーのイマジネーションをサポートします。『SpecLab』 (フリーダウンロード)本機専用ソフトウェアは、アルゴリズム中のさらに深いパラメーターのエディティングを可能にしました。

  • スタジオ機材レベルのリバーブ&ディレイ
  • ステレオI/O
  • 32 プリセット
  • 36 アルゴリズム
  • タップテンポ
  • 充実の拡張I/O:Aux-In、Aux-Out、MIDI
  • キルドライ
  • LCDディスプレイ
  • アナログドライ信号

製品名 SPECULAR TEMPUS(スペキュラー・テンパス)
概要 ディレイ&リバーブ
価格 オープンプライス
参考価格帯 ¥42,800 前後(税別)
JAN 4560347880704
ダウンロード 日本語マニュアル
関連製品 TRIPLE SWITCH
おもな機能と特徴

  • プリセット:32 プリセット、4バンク x 2A/Bプリセット
  • ステレオ I/O:2 ins & 2 outs
  • 相互接続I/O:
      Aux-In – タップテンポやバンクのUp/Downなどの外部コントロール用スイッチが接続できます。
      Aux-Out – アンプのチャンネル切り替え等の外部スイッチングが可能です。
      Effects Loop – 本機のディレイやリバーブのフィードバックに外部エフェクトがインサートできます。
      MIDI In – プログラム中のほぼ全てのパラメーターコントロールをMIDIで受けることができます。
  • タップテンポ:外部のタップペダル、又はフットスイッチ(スペシャルモード時のみ)でテンポを入力できます。細分化単位は各プリセットで指定できます。
  • オート・ノブ・スウェル:この機能を1つのコントロールに指定すると、コントロール値が最大値に至るまで、コントロールノブを回すように変化します。両フットスイッチを離すと元の値にゆっくり戻ります。
  • アナログ・ドライスルー:ドライ音はデジタル変換されずアナログ信号のまま出力されます。
  • コンパクトサイズ:120 x 90 mm

ディレイ・エフェクト・アルゴリズム

Digital (デジタルディレイ: classic)

クリーンなデジタルディレイ。Warmthで音色の調整が可能です。ノーマルステレオとピンポンステレオが選択できます。

Analog (アナログディレイ: classic)

アナログサウンドのディレイ。Darknessで音色の調整が可能です。ノーマルステレオとピンポンステレオが選択できます。

Echoes (エコー:classic)

リピート毎により暖かく柔らかいサウンドに変化するディレイ。Softnessで音色の調整が可能です。ノーマルステレオとピンポンステレオが選択できます。

Spectral (スペクトル:esoteric)

スィープ・ディレイ

Filter (フィルターディレイ: esoteric)

エンベロープフィルターとディレイのコンビネーション

Formant (フォルマント:esoteric)

フォルマント・フィルターがリピート音に効いたディレイです。フォルマント・フィルターは声道の特徴に似せたサウンドを再現します。

Transposer (トランスポーザー:esoteric)

ピッチシフト・ディレイ

Ambiental (アンビエント:esoteric)

ディレイとリバーブの特徴を備えたエフェクトです。エコー(ディレイ)が密度の高いアンビエントサウンドを作り上げ、左右からの反射がステレオ感を演出します。さらに、エフェクト音にはピッチが異なるオーバートーンが追加され、催眠効果を誘発するサウンドが生まれます。

Dual Stereo (デュアルステレオ:esoteric)

左右独立のパラレル・ディレイです。ディレイタイムを選び、左右の割合を設定します。レシオ(割合)設定に従ってエコーが片側から他方へ移動します。

Dual Dotted (デュアルドット:esoteric)

二つの異なるディレイがシリーズ/パラレルどちらにでも接続できます。一つのディレイを4部音符、他を付点8分に設定すると、特徴的なサウンドが得られます。

Dual Gold (デュアルゴールド:esoteric)

デュアルドットと同じコンセプトです。ディレイの比率を黄金比に設定し、アンビエントタイプのサウンドを生み出します。

MultiTap-3 (マルチタップ-3:esoteric)

3録音ヘッドのテープ・ディレイマシーンのエミュレーションです。録音された音が異なるディレイタイムで再生されます。テープが再生される度にウォームで複雑なタップエコーが生み出されます。ステレオスプレッドパラメターで、広がりの大きなパノラマサウンドが生まれます。

MultiTap-4 (マルチタップ-4:esoteric)

4録音ヘッドのテープ・ディレイマシーンのエミュレーションです。

Diffuse Dgtl (デフューズデジタル:esoteric)

デジタルディレイとリバーブのコンボアルゴリズムです。リピートを重ねると拡散が徐々に増していきます。

Diffuse Anlg (デフューズアナログ:esoteric)

デフューズデジタルと同様のスタイルのエフェクトがアナログサウンドで得られます。

Diffuse Echo (delay : esoteric)

デフューズデジタルと同様のスタイルのエフェクトがエコーサウンドで得られます。

リバーブ・エフェクト・アルゴリズム

Spatium (スペシュームリバーブ:classic)

本機の基本リバーブアルゴリズムです。音響心理学の理論をベースに作り上げたアルゴリズムです。

Room (ルーム:classic)

スモール〜ミディアムサイズのルームリバーブ

Tile Room (タイルルーム : classic)

表面が硬く、反射の多い部屋をエミュレートしました。ブライトなサウンドが特徴です。

70s Plate (70’プレート:classic)

プレートリバーブ。密度が濃く、スムーズなサウンドです。

Spring (スプリング:classic)

スプリングリバーブのエミュレーションです。

Modulated (モジュレイティッド:atmospheric)

コーラス的なモジュレーションの効いた空間エフェクト

Shimmer (シマー:atmospheric)

スペシュームリバーブ音に信号のオクターブ上の音を繰り返し追加します。長いディケイに設定すると、倍音を含んだ美しいシンセのようなサウンドが湧き上がります。

Swell (スウェル:atmospheric)

リバーブサウンドをフェードインします。キルドライの設定が効果的です。

Vortex (ボーテックス:atmospheric)

レゾナンスとモジュレーションが効いたアンビエントサウンドです。

Voices (ボイス:atmospheric)

ピッチシフトしたボイスがリバーブに追加されます。ピッチシフトは、ユニゾン(0シフト)、完全5度、オクターブアップのいずれかが設定可能です。

Anti-Shimmer (アンチ-シマー:atmospheric)

オクターブ下を再生するシマーエフェクトです。Doppler mode (ドップラーモード)では音程が下がっていくディケイを再生し、Rumble mode (ランブルモード)では繰り返されたオクターブ下がとどろき砕けます。(アコースティク楽器に適しています。再生するアンプも低域の再生能力が重要になります。)

Tremble (トレンブル:atmospheric)

リバーブ音にレベルが変わるモジュレーションを追加します。広がりのあるアンビエントにリズム感を強調するトレモロスタイルのパルスが追加されます。

Infinity (インフィニティー:atmospheric)

短いフレーズをスナップショットのようにキャプチャーし、ホールドします。このサウンドをバックに、リバーブ効いたサウンドでプレイオーバーが可能です。Layer mode(レイヤーモード) : 永続的に続くサウンドをフェードアウトし、新たなサウンドをフェードインできます。

+Digital Dly (reverb : hybrid)

スペシュームリバーブにデジタルディレイを追加するアルゴリズムです。

+Analog Dly (reverb : hybrid)

スペシュームリバーブにアナログディレイを追加するアルゴリズムです。

+Echoes Dly (reverb : hybrid)

スペシュームリバーブにエコースタイルのディレイを追加するアルゴリズムです。

エディターソフトウェア SpecLab

SpecLabはSpecular Tempus専用のエディティングソフトウェアです。このソフトウェアは、本体でも操作できる4パラメーターと、4つの追加パラメーターにアクセスできます。さらに深いアルゴリズムのエディティングも可能にしてくれます。 エディティング中のサウンドはリアルタイムでオーディションができます。この過程で気に入ったサウンドは、本体のメモリーにプリセットとして保存できます。

用途
• アルゴリズムライブラリーをブラウズできます。
• アルゴリズムをカスタマイズし、保存できます。
• ペダルに保存したアルゴリズムをスクリーンに表示できます。
• お気に入りのプリセットをコンピューターに保存できます。
• MIDIの設定をモニターできます。
• ファクトリーリセット、ライブラリーのアップデート、ファームウェアのアップデートが可能です。

ハイライト
• 操作のリアルタイムモニタリングが可能です。
• 各アルゴリズムの4 x バーチャルパラメーターが設定できます。

Software ver.3.15 for Windows

バージョン3.15はファームウェアV3.8と動作します。
動作環境 Windows:XP, 7, 8.x, 10

※ ソフトウェアのバージョン変更時、USBドライバーの再インストールする必要はありません。

Software ver.3.15 for MacOS

バージョン3.15はファームウェアV3.8と動作します。
動作環境 Mac OS X:10.13, 10.12, 10.11, 10.10, 10.9

※ 現時点では、上記以外のOSへの対応は未確認のものもあります。新しいバージョンのソフトウェアをインストールしても、古いバージョンに対して上書きされません。新しいバージョンをインストールする場合、古いバージョンを削除してから行ってください。

Firmware

ファームウェア(V3.8(build8)はSpecLabソフトウェアのバージョン3.15以上と連動します。

  • V3.0以下のソフトウェアで動作している本体を使用している場合は、代理店に連絡ください。
  • V3.0以下のソフトウェアを絶対にV3.8に直接アップデートしないでください。

アップデート手順
1. SpecLab 3.15以上のバージョンのインストーラーをダウンロードし、インストールを完了して下さい。
2. ファームウェアV3.8をダウンロードしてください。(※右クリック等でファイルを保存してください)
3. ファームウェアのアップデートを行います。
  - 両方のフットスイッチを押しながら電源をONにします。LED AとBが両方点灯したらスイッチをリリースします。
  - 本体をコンピューターと接続し、SpecLabソフトウェアを起動します。
  - アップデートのメニューにてダウンロードしたファームウェアを選択し、アップデートを開始します。
4. 本体を再起動します。
アップデートが完了したら、Global ConfigurationとMIDI Configuration(MIDIを使用している場合)を再設定してください。
アップデート内容に関しては、リリースノートをご参照ください。

スペック
  • 入力インピーダンス:1 MΩ
  • 最大入力レベル:+7 dBu(2.5Vpp)
  • 出力インピーダンス:500 Ω
  • DAC / ADC:24 bits
  • 消費電流:100 mA
  • I/O ジャック:1/4インチ TS
  • Effects Loopジャック:1/8インチ TS or TRS
  • 重量:600 g
  • サイズ:120(L)x 90(W)x 55(H) mm
  • 電源:9VDC/100mA(センターマイナス)※電源アダプター別売
オンラインショップ
ページの先頭に戻る