VFE Pedals ブイエフイー TRIUMVIRATE トライアムヴィレイト

製品情報 エフェクター ギター ディストーション effector guitar distortion

トライアムヴィレイト

低域、中域、高域の3つの帯域に分割された、ユニークなマルチバンド・ディストーション・ペダル

TRIUMVIRATEは、ユニークなコンセプトのマルチバンド・ディストーション・ペダルです。入力信号を3つの周波数帯域に分けて歪ませる本機は、古代ローマの三頭政治にちなんで「TRIUMVIRATE(トライアムヴィレイト)」と名付けました。

入力信号は低域、中域、高域の3つに分けらます。クロスオーバー周波数は低域と中域が270Hz、中域と高域が1.5kHzです。分割された信号は、それぞれ別々のゲイン・ステージを通過し、再び1つにミックスされます。非常に広い帯域をカバーするため、ギターのみならずベースや電子ピアノ、シンセ、チェロにまで様々な場面で効果を発揮します。

  • Peter Rutter氏による完全ハンドメイド/アメリカ製
  • トゥルー・バイパス仕様
  • 多層式フィルターによる電源ノイズの低減
  • 誤差1%以下の金属皮膜抵抗と5%以下のオーディオ用キャパシターを使用
  • ALPHA社製ポット、NEUTRICK社製ジャックを採用
  • 最高級のCARDAS AUDIO社製ハンダを使用
製品名 TRIUMVIRATE(トライアムヴィレイト)
概要 ディストーション
価格 オープンプライス
参考価格帯 ¥23,000 前後(税別)
JAN 4560347886362
各コントロールの働きと回路の設計思想

INPUT STAGE

入力ステージはシンプルなバッファーです。クロスオーバーに送られる信号を適切なレベルに変換します。TRIUMVIRATEの入力インピーダンスは1.1MΩです。

BASS DRIVE

低域の歪みを調整します。
低域の信号は、Pale Horseと同様のmosfetトランジスターを使用しています。このクリップ方式は低域信号に向いており、ダイオードのクリッピングよりも低域のレスポンスがナチュラルです。

MID DRIVE

中域の歪みを調整します。
中域信号には、通常のダイオードよりもヘッドルームが広い3mm赤色LEDでクリップさせます。信号レベルに追従するクランチーなサウンドを生み出します。ギター・サウンドの中心となるこの中域は、単独で聴くとノーマルなギターサウンドに聴こえます。

TREBLE DRIVE

高域の歪みを調整します。
高域信号はシリコン・ダイオードでクリッピングされて、エッジの効いた荒いサウンドを生み出します。この高域はギター・サウンドで最も希薄な帯域ですが、ギターのピックアップポジションで影響されて変化します。ピックアップのポジションは、ブリッジに近いほど高域が鋭くなり、ネック側ほど甘くなります。

FILTERトリムポット

基板上のトリムポットは、歪んだ信号(ミックス後)の高域レスポンスを調整します。出力ステージにあるこのフィルターで、高ゲイン設定時の耳障りな高域をカットできます。

工場出荷時には、サウンドをスムーズにするために高域をカットしています。このコントロールを調整して、サウンドを明るくしたり、カットして滑らかなサウンドに仕上げることができます。

Output

1/4 インチ・モノラル・フォーン

スペック
  • 電源:9V乾電池(006P)、またはDC9V~15Vパワーサプライ(センターマイナス)
  • 動作:通常時は40mA以下で動作。(ON / OFF切替え時の4msのみ、+30mAが必要)
  • 寸法:W66×H111×D53mm(※突起物含む)
  • 重さ:250g

当ページで使用している製品写真(またはデモ映像中の製品)には、一部旧製品が使用されている場合があります。ご了承下さい。

ページの先頭に戻る