VFE Pedals ブイエフイー Distortion3 ディストーション・スリー

製品情報 エフェクター ギター ディストーション effector guitar distortion

ディストーション3

VFEのラインナップの中で最もクリアなディストーション。構造が似た3機種分の回路を1台にまとめた意欲作。

残念な話ですが、有名メーカーでも同じ回路中の1つか2つのパーツを変えて、新たなエフェクターを作り出すことがあります。

本機は、1台で同じ回路コンセプトから生まれるサウンドを網羅します。更に、ハイゲイン・セッティング時の鳴りを調節するフィルターや2つの3wayクリッピング・スイッチを追加し、スムーズなオーバードライブから激しいディストーションまで生み出すことができます。VFEのラインナップの中で最もクリアなディストーションでプレイできる本機は、ギターやアンプのサウンドキャラクターも活かしてくれます。

  • Peter Rutter氏による完全ハンドメイド/アメリカ製
  • トゥルー・バイパス仕様
  • 多層式フィルターによる電源ノイズの低減
  • 誤差1%以下の金属皮膜抵抗と5%以下のオーディオ用キャパシターを使用
  • ALPHA社製ポット、NEUTRICK社製ジャックを採用
  • 最高級のCARDAS AUDIO社製ハンダを使用
製品名 Distortion3(ディストーション3)
概要 ディストーション
価格 オープンプライス
参考価格帯 ¥21,500 前後(税別)
JAN 4560347886300
各コントロールの働きと回路の設計思想

INPUT STAGE

初段の回路は、インピーダンスの負荷とオペアンプの発振を防ぐための超高域除去が施されています。Distortion3の入力インピーダンスは711kΩです。

DRIVE

DRIVEコントロールは、741オペアンプに歪みを加えます。また、サウンドをスムーズにする高域フィルターも搭載されていますが、周波数帯域全体には大きな影響を与えません。

LEVEL

出力レベルを調整します

A - OD - M トリム

歪みのキャラクターを決めるソフト・クリップ方式を選択します

  • A:非対称形クリッピング
  • センター:クリッピングせず、歪まない信号を出力
  • M:MOSFETによるクリッピング

FILTER

ゲイン増幅後の高域カットをコントロールします。左に回すと高域がカットされます。

MODE

MODEスイッチは、グランドに配線されたクリップ要素を切り替えることができます。設定により、噛み付くようなエッジの効いたディストーション・サウンドを作ることができます。

  • G:MXR社のDistortion+と同タイプのクリッピングで、1N34Aゲルマニウム・ダイオードが対称に一対配置されています。
  • センター:MXR社のMICRO AMPと同様にダイオードがリフト(接続を切り離す)されクリップしないモード。信号は歪むことなく通過します。
  • S:DOD社の250オーバードライブと同じタイプのクリッピングです。1N914シリコン・ダイオードが対称に一対配置されています。

FAT

FATはゲイン・ステージの低域レスポンスとゲイン&歪み全体に影響を与えます。最大設定時ではゲイン幅がブーストされますが、低域レスポンスは1.5kHzからカットが開始されます。最小設定時ではゲイン幅は低くなりますが、低域のレスポンスはフラット(70Hz)になります。この数値は、ギターの6弦(E音)よりも低い周波数です。

基板上のスイッチ

1:MODEをLモードで使用時、5mm LEDによるクリッピングに切り替えます。
2:プリ・ゲインの低域レスポンスをブーストします。

Output

1/4 インチ・モノラル・フォーン

スペック
  • 電源:9V乾電池(006P)、またはDC9V~18Vパワーサプライ(センターマイナス)
  • 動作:通常時は15mA以下で動作。(ON / OFF切替え時の4msのみ、+30mAが必要)
  • 寸法:W66×H111×D53mm(※突起物含む)
  • 重さ:246g

当ページで使用している製品写真(またはデモ映像中の製品)には、一部旧製品が使用されている場合があります。ご了承下さい。

ページの先頭に戻る