株式会社オールアクセス all access

並行輸入品に関するご注意

並行輸入品に関するご注意

「並行輸入品」とは、国内の正規代理店を通さず、海外の販売店から直接仕入れて売られている商品を指します。

そのため、下記のようなリスクがあります。

 

電源に関するリスク

海外仕様(120V、220Vなど)や、PSE未修得の製品を国内で使用すると、機器破損や発火など事故が発生する可能性がございます。一部、海外からの「直輸入品」には「120Vと記載されていますが日本でも使用できます」など記載し売られている商品もありますが、安全と言い切れる保証はありません。

※ 日本国内で販売/使用するために必要な認可(電取法、PSEなど)を受けていない商品は、販売自体が違法ですのでご注意ください。

 

その他、海外仕様の商品に関して

アナログ・ワイヤレス製品など、国ごとに法律で電波の使用帯域が定められている商品は、使用するだけで違法となりますので、ご注意ください。

 

保証に関するリスク

正規輸入品には、日本国内の代理店で発行される「製品保証書」が同梱されています。これは英語で記載されているメーカーの保証書とは異なり、「保証期間内に問題が発生した場合、日本国内の代理店にて対応します」という証明になります。

「直輸入品」には、これが同梱されていません。そのため、日本国内の代理店における一切の保証の対象外となります。

なお、直輸入品に関して、海外メーカーより直接の保証を受けたい場合には、ユーザー様自身で直接行って頂く必要がございます(代理店は関与いたしません)。

 

修理に関するリスク

海外仕様(120V、220Vなど)の製品に関しては、規定やパーツ入手不可により修理不可の場合が多くございます。 海外仕様のワイヤレスに関しても、違法となりますので修理不可となります。

電源を搭載していないアイテム(エフェクター等)に関しては修理対応が可能な場合もありますが、正規品割引の適用外となります。そのため修理代、パーツ代、キャンセル料金が割高となります(1.5倍目安)。

見分け方

「弊社取扱いの正規輸入品には、ステッカー等で正規品である表示がされており、日本語の保証書が同梱されています。

また、一部製品はシリアル番号管理されています。これらの表示や、照合のためのシリアル番号が剥がされている場合には、正規品としてお受けする事が出来ませんので、ご注意ください。

ページの先頭に戻る