strymon Firmware アップデート

Firmware アップデート

strymon Firmware アップデート

ファームウェア・アップデートの方法

strymon プリセット・ライブラリアン・ソフトウェアを使用すると、Timeline、BigSky、Mobiusのファームウェアをアップデートすることができます。ここでは、そのアップデート方法を解説します。

接続方法

ライブラリアンとハードウェアの接続には、MIDI to USBインターフェースが必要です。インターフェースのドライバーが、お手持ちのOSに対応していることも合わせてご確認ください。また、Roland UM-One、Yamaha UX-16、M-Audio MIDISport Unoで、アップデートができることが確認されています。まずは、インターフェースのMIDI OUTをStrymonのMIDI INへ、StrymonのMIDI OUTをインターフェースのMIDI INへ接続してください。

ソフトウェアのダウンロード

strymonライブラリアン・ソフトウェアを使用し、MIDI経由でTimeline、BigSky、Mobiusをアップデートします。下記のリンクから、お手持ちのコンピューターのOSに対応したものをダウンロードしてください。

strymon Preset Librarian 0.9.4.3 — Mac OS X

strymon Preset Librarian 0.9.4.3 — Windows

TIMELINE ファームウェア ver.1.84(2017年10月リリース)

Mobius ファームウェア ver.1.34(2017年10月リリース)

BigSky ファームウェア ver.1.44(2017年10月リリース)

セットアップ

01:MIDIインターフェースのセットアップ

Strymonライブラリアン・ソフトウェアをインストールした後、strymonペダルをMIDIインターフェースに接続してください。ライブラリアン・ソフトウェアを起動し、SETTINGS > MIDI Setupを選択します。

MIDI Setup ウインドウで、MIDI IN、MIDI OUTポート設定して接続テストを行って下さい。正常な場合、インターフェースは正常に認識され、画面のバー表示がグリーン変わり、“success”の文字が表示されます。

このMIDIインターフェース設定を完了すると、Strymonペダルをアップデートする準備が整います。

02:strymonペダルのアップデート方法

strymonペダルをコンピューターにMIDI経由で接続し、ライブラリアン・ソフトウェアを起動します。

1.トップのメニューバーに位置するView > Software Updateを選択します。

2.”Install and Update”をクリックしてください。

3.アップデ−トのインストールが完了。”OK”をクリックしてください。

4.右下の表示で、アップデートが正常に完了したことが確認できます。

ページの先頭に戻る