strymon Lex Rotary 白井アキト インタビュー

製品レビュー エフェクター ロータリー・スピーカー ギター effector delay rotary speaker guitar

strymon 白井アキト・レビュー

「同じオルガンを使っているとは思えない!」というのが、
Lexを初めて使用した時の感想です。

白井アキトさんより、Lexについてコメントをいただきました

「同じオルガンを使っているとは思えない!」というのが、Lexを初めて使用した時の感想です。

オルガンのサウンドに拘りを持ち、今まで様々なロータリー・シミュレーターを試してきましたが、その中でもこのLexは群を抜いています。

まず音の太さ、抜けの良さに驚きました。
そして何よりロータリーサウンドがリアル!!

ノイズも殆ど無く、ドライブの掛かり具合も最高です!またドライブを最大にすると「これでもか!」ってくらい歪みます。(笑)

このコンパクトな見た目からは想像も出来ないくらい、沢山のパラメータをいじる事が出来るので、様々な音色を作り出す事が出来ます。僕はフェイバリット・スイッチも繋いで、お気に入りのパラメータを保存しています。

ライブにレコーディング、あらゆるジャンルに対応が出来るLexは、僕にとって欠かせないアイテムになりました。オルガン・サウンドを更にステップアップさせたい!という方には、間違いなくオススメです!!

 
インタビュー中で紹介された製品
プロフィール

白井アキト
ピアノ&キーボード奏者、作編曲家
1988年6月25日生まれ

9歳からエレクトーンを始めコンクール等で数々の優秀な賞を受賞。
また17歳からジャズピアノを始め、村井秀清、ユキアリマサ両氏に師事。

2008年、札幌シティジャズパークジャズライブコンテストにおいて『TENTEN Quartet』 がグランプリを獲得し「North Jam Session 08」、「Tronto Jazz Festival09」に出演。

20歳からプロ活動を始め、国内外問わずジャンルを越えた様々なミュージシャンと共演。西野カナ、家入レオ、広瀬香美 、川畑要、鈴木このみ、などのアーティストもサポートしている。

2012年10月、人気クリエイター『sasakure.UK』プロデュースによるバンド『有形ランペイジ』のメンバーとしてポニーキャニオンからメジャーデビュー。 1stアルバム『有形世界リコンストラクション』をリリース。 2014年5月21日、新世代ピアノトリオ『白鶴山』のメンバーとしてキングレコードから1stアルバム、『一献献上』をリリース。

他にも夏木マリ&斉藤ノブによる『GIBIER du MARIE』、人気No.1 Sax奏者、本田雅人による『本田雅人Band』、現T-SQUAREドラマー、坂東慧による『BANDO BAND』に参加。

作編曲、アーティストサポート、セッション、レコーディング、テレビ、雑誌出演...など現在最も注目される若手鍵盤奏者である。

有形ランペイジ WEBサイト

白井アキト オフィシャルBLOG

ページの先頭に戻る