strymon 小沼ようすけ Ola & blueSky 製品レビュー

製品レビュー エフェクター コーラス リバーブ ギター effector guitar

strymon 小沼ようすけ・レビュー

小沼ようすけ × strymon

Jazz ギタリスト 小沼ようすけ 氏が語る Ola & blueSky レビュー

若い世代の台頭によって活性化しつつある日本のジャズ・シーンを牽引する --- 小沼ようすけ氏

海とギターが調和した瑞々しいサウンドで知られる小沼ようすけ氏は、現在までに発売された8枚のアルバムがいずれも好評を博し、日本を代表するジャズ・ギタリストの一人として注目され続けています。4作目「スリー・ブライマリー・カラーズ」(2004)では、リチャード・ボナ(b)、アリ・ホーニッグ(dr)と共に三位一体となった真剣勝負を繰り広げ、6作目の「ビューティフル・デイ」では名匠アル・シュミットをエンジニアに迎えるなど、次世代のジャズ・ギターをリードする新しい個性として高い評価を得ている。

小沼氏の使用機材に「Ola Chorus」と「blueSky Reverb」が導入され、お話を伺ってきました。

ギターの原音が損なわれないし、音痩せしないエフェクター。

strymonを使う前は、他のエフェクターも随分試したんですけど、ギターの原音が引っ込んでしまうんです。だから以前は、エフェクターを繋ぐと音痩せするのが嫌で、外部(ミキサー)でエフェクトをかけて貰ったりしたんです。

strymonは音痩せしないし、自分で直感的に音作り出来る。
ミュージシャンが必要とする事を熟知してますね。

例えば、アコースティックに使う時も便利ですね。DIからそのまま繋げます。 ゆくゆくはアコースティック用、エレキ用、バックアップ用と3セット欲しいくらいです(笑)

それから設定がとっても簡単ですね。数字じゃなくてつまみですから。 プリセットが二つ出来る点も非常に便利です。

このクオリティが足もとにセットできるのは凄く嬉しい。

blueSky Reverbは、PlateとSpringモードを主に使っています。
Plateはビンテージプレートを克明にエミュレートしているのがわかるし、shimmerモードはまるでシンセみたい!凄いですね!

僕の場合、(ギターを)ホールとかPAシステムがある場合はDIとセットアップしますけど、小さめの箱ではアンプで鳴らします。その時には、blueSky Reverbを深めのリバーブプリセットにして鳴らします。

特にリバーブはギタリストがすごく悩んだりする部分だと思うんです。 blueSky Reverbを手に入れてからリバーブの概念が変わりましたよ。 このクオリティが足下にセット出来るというのは凄く嬉しいです!

色々な所でstrymonの噂は聞いていましたし、このエフェクターは本物ですね。また新たな可能性がありそうなので、楽しみにしています!!

 

小沼ようすけさんのペダルボードを公開!

小沼ようすけさんのセッティングは、PedaltrainとVooDoo LAB「PEDALPOWER 2 PLUS」をベースに組まれています。ケーブルは、MONSTER CABLE(Bass)とプロヴィデンス社製を使用。

  • BOSS TU-2(クロマチック・チューナー)
  • CRYBABY(ワウ)
  • BOSS BD-2(オーバードライブ)
  • CARL MARTIN SURF TREM(ビブラート)
  • BOSS DD-7(デジタル・ディレイ)
  • strymon Ola Chorus
  • strymon blueSky Reverb

※写真左下の正体不明のエフェクター「飛2」は、小沼さんの友人が自作したアナログ・シンセとのことでした。

インタビュー中で紹介された製品
プロフィール

小沼ようすけ (Jazzギタリスト)

1995年、ヘリテージ・ジャズギター・コンペティション日本代表、世界3位。1999年、ギブソン・ジャズギター・コンテスト優勝。2001年にアルバム「nu jazz」でソニーミュージックよりデビュー。4作目「スリー・ブライマリー・カラーズ」(2004)ではリチャード・ボナ(b)、アリ・ホーニッグ(dr)と共演して、ジャズ・ギターをリードする新しい個性として高い評価を得た。

2007年、サーフィンにインスパイアされた6作目「ビューティフル・デイ」をLAにて録音。自分色を加えた新しいサウンドは、“サーフ・ミュージックへのジャズからの回答”と評された。2010年6月には、デビュー作から5作目「3,2&1」までの作品から選曲したベスト盤「The Best」と、NY録音による新作「Jam Ka (ジャム・カ)」を同時発売。サーフ系フェスティバルからの招待や、サーフィン専門誌からのインタビュー取材など、既成の殻を打ち破るオリジナリティのある道を歩んでいる。

「Guitar magazine(リットーミュージック)」では、渡辺香津美さんとともに表紙を飾るなど、若手実力派のジャズギタリストとして注目を集めている。

Jam Ka【SA-CDハイブリッド・ディスク】
SICP-10111/アルバム(HYBRID)/2010.6.23/¥3,045(税込) 発売中

メーカーサイト

ページの先頭に戻る