TECH21 SansAmp BASS DRIVER DI ベースドライバー

ベース エフェクター 歪み ダイレクトボックス bass effector drive direct box

ベースドライバーDI

1994年以来、22年の輝かしい歴史を糧に、Version II として新たな仕様を加えて生まれ変わりました。

ベーシストの定番アイテムとなった「BASS DRIVER DI」は、国内では、この22年間で5.5万台を優に超えるBDDIが販売され、膨大なベース・ラインがBDDIでサポートされてきました。また、当社(All Access Inc.)の企画でJapan限定モデルのBASS DRIVER DI-LBが2015年にリリースされ、国内1,000人に及ぶベース・プレイヤーにもご購入いただきました。

TECH21は、このJapan限定モデルの仕様を採用し、BASS SHIFT 40/80HzとMID SHIFTスイッチを追加し、BDDI Version II を完成。これらの変更により、さらに広いジャンルに力強いベースサウンドを提供できるようになりました。

BASS DRIVER DI-LB 製品情報

SansAmp BASS DRIVER DIは、ベース専用のダイレクトボックスです。
ライブ、レコーディングにおいてベースアンプサウンドをラインで完全再生します。プレゼンス、ドライブ、ブレンド、レベルの重要なサウンドキャラクターが可変コントロールとして装備されていますから、クリスタルクリーンサウンドからオーバードライブまで幅広い音作りが可能です。

製品名 BASS DRIVER DI
(ベース・ドライバー・DI / Ver.2)
概要 ベース用ダイレクト・ボックス
アナログ・アンプ・シミュレーター
価格 オープンプライス
参考価格帯 ¥29,000 前後(税別)
JAN 0837088002264
製品保証 1年延長保証サービスのご案内
関連製品 BASS DRIVER DI-LB
  PROGRAMMABLE BASS DRIVER DI
  BASS DRIVER DELUXE
  RBI
おもな機能と特徴

エフェクターとして

ベース用エフェクターとして太いサウンドをクリエイトすることが出来ます。
ライン・レコーディング用のアンプ・シミュレーターとしてアンプマイキング等に時間を費やすことなく、本機を直接ミキサー&レコーダーに接続するだけで、チューブアンプらしいサウンドが得られます。

ダイレクトにPAシステムへ

レコーディング同様、直接ミキサーに接続できるため自分の納得のいく音を、メイン・システムから出力できます。
ステレオやヘッドフォンと直接接続が可能。
本機は、ステレオに直接接続しても使用できます。練習の場所と時間を選びません。ヘッドフォンを直接アウトプットにつないでモニターすることも可能です。

コントロール

PRESENCE

高域のハーモニクスやアタックを増加させます。スムーズな高域や歪みのないクリーンなサウンドを設定する場合には、低めに設定して下さい。

DRIVE

オーバードライブの量を調整します。チューブアンプのパワーセクションが歪みだすキャラクターに似ています。

BLEND

楽器のダイレクト音とサンズアンプの音をブレンド(ミックス)することができます。多くの場合、MAX(100%サンズアンプサウンド)に設定されます。しかし、非常にナチュラルなサウンドやピエゾ・ピックアップがついた楽器を接続する場合には、ブレンドコントロールを調整して好みの音を作って下さい。このブレンドコントロールがMINに設定されても、LEVELとEQは動作しています。

LEVEL

出力レベルを決定します。

TREBLE / MID / BASS

ブースト、カットが可能なアクティブ・トーン・コントロールで、±12dBのコントロールが可能です。12時の位置がフラットなポジションです。MID、BASSの両コントロールに周波数がシフトできるスイッチを追加しました。BASSは多弦ベースのローエンドをカバーできるように、また40Hz以下も再生できるように、MIDは力強いドライプ感を選択できるように設定することが可能です。このようなイコライザーの操作は、出力レベルにも影響を与えますからレベル・コントロールを操作して出力レベルを調整して下さい。

OUT -10dB 1/4"

OUTPUTの出力インピーダンスを切り替えます。

-20dB XLR

XLRの出力インピーダンスを切り替えます。

PHANTOM & GROUND CONNECT

本機のグランドを接続または、リフトするスイッチです。スイッチをオンにした状態でグランドが接続され、ファンタム電源を使って本機に電源を供給することができます。

SHIFT 500/1000Hz(ミッドシフト)

MIDの周波数を500Hzと1000Hzで切り替えます。スイッチが上がっている状態が500Hzです。

SHIFT 40/80Hz(ベース・シフト)

BASSの周波数を40Hzと80Hzで切り替えます。スイッチが上がっている状態が40Hzで,多弦ベースの低域にも対応します。

INPUT

1/4インチフォーン、1MΩ(電源スイッチ兼用)

OUTPUT

1/4インチフォーン、1kΩ

PARALLEL OUTPUT

入力ジャックから直接接続された出力。アンプやチューナー、シグナル・プロセッサーに接続する場合に用います。

XLR OUTPUT

バランス出力です。XLRのLINE / INST切り替えスイッチによってXLRの出力インピーダンスを切り替えることができます。

スペック

電源・サイズ・重量

  • 電源:9V乾電池(006P)、またはDC9Vパワーサプライ(センターマイナス)、またはファンタム電源
  • サイズ:W95×H120×D50mm(スイッチ、ノブを含む)
  • 重量:389g

※「SansAmp」またはその他のTECH21・NYC製品の商品名は全てTECH21・NYCの商標又は登録商標です。その他の製品及び会社名は、各社の商号、登録商標又は商標です。本文中で使用している製品名・人物名等は、音色の傾向をお伝えする目的で使用しております。弊社ならびに、TECH21・NYCとは関係がありません。
ページの先頭に戻る