Hartke ハートキー Bass Amplifier ベース・アンプ

ブランド紹介と製品一覧

Hartke TX600
Hartke KB15
Hartke
Hartke HA2500
Hartke HD75
Hartke HyDrive410
Hartke bass attack
Hartke VX3500
Hartke LH1000
ニュース・トピックス
TX600
TX600
600W BASS TUBE AMP HEAD
TX600は、プリ段に12AX7真空菅を、出力段にソリッドステート回路(パワーアンプ)を採用しした、軽量アンプヘッドです。
billy sheehan
Billy Sheehan
LH1000,Hyd115 User
Hartke製品を愛用するビリー・シーンが来日、機材に関するお話を伺ってきました。
KB12
KB12
1x 12" BASS COMBO /500W
12インチHyDriveスピーカー、500WクラスDアンプを採用。フロアモニターのように「キックバック(後ろにもたれる)」のセッティングが可能です。
KB15
KB15
1x 15" BASS COMBO /500W
15インチHyDriveスピーカー、500WクラスDアンプを採用。フロアモニターのように「キックバック(後ろにもたれる)」のセッティングが可能です。
Billy Shhehan
Billy Sheehan × Hartke
Rig Rundown - Mr. Big's Billy Sheehan
Winery Dogsで来日決定!セットアップが少し変更になるようです。4 x LH1000、5 x HyDrive 115を使用予定。
Will Lee
Will Lee
LH1000,Hyd410 User
Hartke製品を愛用するWill Leeが来日、独占インタニューをしました。
Victor Wooten
Victor Wooten
LH1000,Hyd410,Hyd115 User
Hartke製品を愛用するVictor Wootenが来日、独占インタニューをしました。
LH1000
LH1000
1000W BASS AMP HEAD
LH1000は、最前段にクラスA動作の12AX7真空菅プリを、出力段にソリッドステート回路(パワーアンプ)を採用しました。
LH500
LH500
500W BASS AMP HEAD
LH1000の仕様を継承した500Wモデルです。500Wの十分なパワーセクションを備え、どんなベース・キャビネットも力強くドライブします。
HA3500C
HA3500C
350W BASS AMP HEAD
プリアンプには、フィンガータッチをナチュラルに増幅する12AX7のチューブプリとソリッドステートの2タイプを装備しています。
HA5500C
HA5500C
500W BASS AMP HEAD
HA3500Cと同プリアンプにさらなるパワーを与えたのが、HA5500Cです。4Ωスピーカー使用時500W、8Ωスピーカー使用時350Wのパワーを出力します。
HA2500
HA2500
250W BASS AMP HEAD
HA2500は、HARTKE独自の「Transient Attack(R)回路」を搭載する内蔵まったく新しいコンセプトを持つベースアンプです。
BASS ATTACK
BASS ATTACK
500W BASS AMP HEAD
フロントエンド用プリアンプ機能と、PAミキサーやオーディオ・インターフェースにバランス出力を送る事が出来るDI機能の両方を備えたペダルです。
HyDrive112
HyD112
1x 12" BASS CABINET / 300W
コンパクトかつ堅牢なキャビネットに、ソリッドかつウォームなボトムを生み出す12インチ・スピーカーを搭載しました。
HyDrive115
HyD115
1x 15" BASS CABINET / 500W
15インチ・スピーカーによる重厚でリッチなローエンド と、雷鳴のように轟く500Wのハイパワーを発生します。
HyDrive210
HyD210
2x 10" BASS CABINET / 500W
2基の10インチHyDriveスピーカーを搭載した、軽量で高パワーのベース用キャビネットです。
HyDrive410
HyD410
4x 10" BASS CABINET / 1000W
実践的なワールドツアー仕様。許容入力250Wの10インチ・スピーカーが4発マウントされており、合計1000Wのパワーを受け取ります。
HD150
HD150
1x 15" BASS COMBO /150W
15インチHyDriveスピーカーを搭載した、小型で高パワーのベース用コンボアンプです。練習からライブまで幅広く対応してくれます。
HD75
HD75
1x 12" BASS COMBO /75W
12インチHyDriveスピーカーを搭載した、小型で高パワーのベース用コンボアンプです。練習からライブまで幅広く対応してくれます。
HD50
HD50
1x 10" BASS COMBO /50W
10インチHyDriveスピーカーを搭載した、小型で高パワーのベース用コンボアンプです。練習からライブまで幅広く対応してくれます。
HD25
HD25
1x 8" BASS COMBO /25W
8インチHyDriveスピーカーを搭載した、小型で高パワーのベース用コンボアンプです。練習からライブまで幅広く対応してくれます。
HD15
HD15
1x 6.5" BASS COMBO /15W
6.5インチHyDriveスピーカーを搭載した、小型で高パワーのベース用コンボアンプです。練習からライブまで幅広く対応してくれます。
115XL
115XL
1x 15" BASS CABINET / 200W
15インチドライバーとバスレフから空気を揺さぶる低域のコンビネーションが、力強くロックサウンドをサポートします。
210XL
210XL
2x 10" BASS CABINET / 200W
単一チェンバー構造のキャビネットに2個の10インチアルミニウム・ドライバーをマウント。クラブや小さめのライブ会場に最適です。
410XL
410XL
4x 10" BASS CABINET / 400W
Hartkeの名を世界に知らしめたアイコン。ツインチェンバー&デュアルポートデザインのキャビネット、4個の10インチXLドライバーを搭載しました。
45XL
4.5XL
4x 10" BASS CABINET / 400W
410XLに5インチ高帯域用スピーカーを追加したモデルです。30Hz−12kHzのワイドな周波数特性を再生し、まさに究極のHartke XLがこのモデルです。
VX3500
VX3500
350W BASS AMP COMBO
伝統の Hartke 3500ヘッドアンプと、4x10インチVXスピーカー&高域をサポートするコンプレッションドライバーを組み合わせた大出力コンボアンプです。
A100
A100
100W BASS AMP COMBO
生産完了モデル
定格出力(@1kHz、8Ω、1%THD)100W
サイズ:551(W)×462(D)×401(H)mm
重量:23kg
A25
A25
25W BASS AMP COMBO
生産完了モデル
定格出力(@1kHz、8Ω、1%THD)25W
サイズ:376(H)×340(W)×307(D)mm
重量:15kg
A35
A35
35W BASS AMP COMBO
生産完了モデル
定格出力(@1kHz、8Ω、1%THD)35W
サイズ:421(H)×381(W)×320(D)mm
重量:17kg
A70
A70
70W BASS AMP COMBO
生産完了モデル
定格出力(@1kHz、8Ω、1%THD)70W
サイズ:473(W)×424(D)×385(H)mm
重量:20kg
B150
B150
15W BASS AMP COMBO
生産完了モデル
定格出力(@1kHz、8Ω、1%THD)15W
サイズ:342(W)×381(D)×221(H)mm
重量:10.5kg
B200
B200
20W BASS AMP COMBO
生産完了モデル
定格出力(@1kHz、8Ω、1%THD)20W
サイズ:370(W)×381(D)×241(H)mm
重量:11.5kg
B300
B300
30W BASS AMP COMBO
生産完了モデル
定格出力(@1kHz、8Ω、1%THD)30W
サイズ:434(W)×373(D)×241(H)mm
重量:14.5kg
B600
B600
60W BASS AMP COMBO
生産完了モデル
定格出力(@1kHz、8Ω、1%THD)60W
サイズ:482(W)×470(D)×370(H)mm
重量:17.9kg
B900
B900
90W BASS AMP COMBO
生産完了モデル
定格出力(@1kHz、8Ω、1%THD)90W
サイズ:561(W)×470(D)×386(H)mm
重量:21.5kg
Hartke:ブランド紹介

創業者である Larry Hartke と Ron Lormanが、著名なHi-Fiデザイナーの A. StewartHegemanの見習いとしてスピーカー設計の実験を初めたのは、Hi-Fiオーディオが全盛の頃であった。もともと二人は、ホームオーディオのスピーカーを設計するつもりで様々なコーンの素材を実験していたのだが、スピード、強度、過渡特性の点で最終的にはアルミニウムを選択した。LarryとRonは、New YorkやNew Jerseyのレコーディングスタジオを立ち上げたり、そこでの仕事をしたりして数年間を過ごしていたのだが、その間もずっとアルミニウムスピーカーの実験を継続していた。Hartke が Ampex テープマシンのリペアを仕事にしていた1970年代後半になり、よく設備の整った金属工場において、まず最初のアルミニウムコーンスピーカーが切削された。

同じ頃、 Lorman は New York の Greenwich Village にある有名な Bottom Line Clubのステージマネジャー兼サウンドエンジニアとなっていた。其処は Lorman が、伝説のベースプレイヤー Jaco Pastoriusを含む何百人ものアーティストに出会った場所である。 Jacoは彼らが試作したアルミニウムコーン・モニタースピーカーのプロトタイプの音を聴いたあとで、自分の演奏用にベースキャビネットを試作してみないかと提案したのである。

80年代半ばになると、ニューヨークではベースプレイヤーをフィーチャーしたショーが流行り始め、Hartkeキャビネットは大いにもてはやされた。その頃のショーケースでは、 Jaco Pastorius、 Darryl Jones、 SteveMorse Band の Jerry Peak、Ramsey Lewis とプレイした Bill “Buddha” Dickens等フィーチャーされていた。1985年、最初の Hartke ブランドのベースキャビネットが製造された。それは、10インチ×4発のモジ ュール、 410XL である。すぐに、15インチ×1発、10インチ×2発のモジュールが追加され、それらは今でも製造が続けられている大ヒット商品である。その後、Hartke は様々なタイプのキャビネット、コンボアンプ、ヘッドアンプからベースギターまで、ベースギアをフルラインアップしてきた。

今日、 Hartke は初心者からエキスパートまで、すべてのベーシストに完璧なベースシステムを提供している。 Ron と Larry はスタートした時と同じように個人的な業務としてかかわり続けており、彼等はこの革新的アルミニウムスピーカーの改良を続けることにより、究極のプロフェッショナル・パフォーマンスを提供することを約束している。

ページの先頭に戻る