オールアクセス・ブログ

Strymon SUNSET & Riverside ファームウェアV1.2

StrymonのSUNSETまたはRiversideをお使いですか?

新たなファームウェアV1.2がリリースされました。
内に秘めたMIDIコントロールのスーパーパワーをここでご紹介します。

両機種ともに、すべてのコントロールセッティング、スイッチポジション、MIDI CCの保存&リコールが可能です。
それらのリコールはバイパス時から可能ですから、パーフェクトなタイミングでソロに合わせて切り替えが行えます。
このMIDI機能には、両機のEXPジャックにつなぐMIDI EXPケーブルが必要です。

・ L字 MIDI – L字 1/4インチ TRS または ストレート MIDI – L字 1/4インチ TRS
・ 約87cm
・ 各 3,200円(税別)

 

Sunset&Riverside MIDIコントロールのデモンストレーションビデオをご覧ください。

 

このアップデートでMIDIペダルボードにSUNSETやRiversideが組み込めるようになります。

 

注意:
このMIDI機能を使うには、両機Sunset&Riversideのファームウェアアップデートが必要です。
インストラクションに従って、アップデートを行ってください。
アップデート方法は、各製品ページの「firmware」の項目でご確認いただけます。
_
Riverside: http://allaccess.co.jp/strymon/riverside/
SUNSET: http://allaccess.co.jp/strymon/sunset/
英文ページ: https://www.strymon.net/faq/how-update-firmware-riverside-sunset/

 

このアップデートには、ペダルとコンピューターを接続するマイクロUSB – USB Aケーブルが必要です。
マイクロUSBコネクターはペダル内にあるため、底板の4本のネジを外してアクセスします。
基板が見える状態になると、マイクロUSBコネクターは本体の左側の基板上に見つかります。
ペダルとコンピューターを接続し電源を入れます。ここでダウンロードとアップデートを行います。

 

Strymon Update v1.12 Download
Mac: 
https://www.strymon.net/downloads/strymonupdate/strymon_update_setup_0.1.1.2.dmg
Windows: 
https://www.strymon.net/downloads/strymonupdate/strymon_update_setup_0.1.1.2.exe

 

必須システム環境
Mac: 10.11.6 or higher
Windows: 7 or higher

 

アップデート手順
1. アップデートソフトをコンピューターにダウンロードし、そのアプリを起動します。
2. コンピューターとペダル(電源オン)の接続を確認してください。このソフトウェア(アプリ)は自動的にペダルを認識し、現ファームウェアのバージョンを表示します。
3.「Check for Updates」ボタンをクリックします。
4. アップデートが必要であれば「Install Update」ボタンをクリックします。
5. 完了すると「installed version」バージョンと「latest available」最新バージョンが一致します。
6. ペダルのUSBケーブルを外し、底板を元のように戻します。
7. これでファームウェアアップデートは完了です。

 

Stymon support ビデオ

 

ページの先頭に戻る