オールアクセス・ブログ

Musicom ファームウェアのアップデート

Musicomの、ファームウェアのアップデートが発表されました。
EFX MK-VおよびEFX-LEが対象です。

【アップデート内容】
1. プリセット切り替え時のレイテンシー減少。
2. ユーティリティーのメニューにGROUP SELECTを追加。
3. BPM 189で発生するエラーを修正。

特に1.の「レイテンシー減少」では、PRESET MODEでのパッチ切り替え時に発生するレイテンシーが以前の50%程になります。
詳細は企業秘密ですが、MIDIクロックを読みに行く時間と、チャタリング防止機能の動作時間が短くなった事で、レイテンシー減少に成功したそうです。
これにより、切り替え時のタイムラグが少なくなり、レイテンシーによるズレが大幅に軽減されます。

また、Musicomのフットスイッチには、フットスイッチを踏んだ際に発生するクリック音や音切れを回避するCLICKLESSの機能も備わっていますで、大音量でのプレイ時のストレスも解消されます。

アップデートは、エディター・ソフトウェアを使用して行います。
コンピューターとのMIDIが必要となりますので、詳細ならびにアップデート方法は各製品webページの「エディター・ソフトウェア」をご参照ください。
http://www.allaccess.co.jp/musicomlab/

 

ページの先頭に戻る