オールアクセス・ブログ

XTOMPのエミュレーション追加

話題騒然のHOTONE Ampero。
実は使われているCDCMエミュレーションテクノロジーは、このXTOMPで始まったのです。
200を超えるエフェクター、アンプ、CABまで簡単井入れ替えられるスーパーペダルXTOMP & XTOMP mini 。
まだまだエミュレーションは増え続けています。

今回は追加された内容を紹介します。
待望のアコースティック用アンプの追加。更に守備範囲が広がりました!

 

Acoustilizer 1

AER® Colourizer 2のエミュレーションです。周波数帯域全体とハーモニクスをリッチにすることで、アコースティックサウンドを活き活きさせます。2バンドのEQでトーン調整も可能。EQスイッチはf1に固定、Enhancerスイッチはオンで、Enhancer Intensityノブは12時方向の設定です。

 

Acoustilizer 2

AER® olourizer 2プリアンプのエミュレーションです。最大のダイナミクスを保ちながら倍音をリッチにして、活き活きとしたアコースティックサウンドに仕上げます。2バンドのEQでトーン調整が可能です。EQスイッチはf2に固定されており、EnhancerスイッチはオンでEnhancer Intensityノブは12時方向で設定されています。

 

Marshell 50

Marshall® JMP 2204アンプヘッドのエミュレーションです。初期Plexiモデルと後期JCMモデルの中間のキャラクターが特徴で、70年代後期のVan HelenやAC/DCのようなロックサウンドが楽しめます。OUT-Rはキャビネット・シミュレート出力です。Marshall® 1960TV* 4×12のキャビネット(12” Celestion™ Greenback™ x 4基搭載)を接続した時のサウンドです。

 

Messe Bass 400+

Mesa/Boogie®Bass 400+ ベースヘッドのエミュレーションです。多くのロックミュージシャンに愛された、クラシックなサウンドのチューブ・ベースアンプです。 OUT-Rはキャビネット・シミュレート出力です。Mesa/Boogie® PowerHouse®* 4×10のキャビネット(10” スピーカー x 4基搭載)を接続した時のサウンドです。

 

V-EQ

Mesa/Boogie® Mark™シリーズに搭載されている5バンドEQのエミュレーションです。アンプやディストーションの前に接続することをお勧めします。アナログEQのサウンドがあなたのギタートーンにマジックを吹き込みます。

 

全てのエミュレーションは、こちらからご覧いただけます。

http://allaccess.co.jp/hotone/xtomp/effect.php

ページの先頭に戻る