オールアクセス・ブログ

XTOMP追加エフェクト 2017年11月中旬分

XTOMPおよびXTOMP miniで使用できるアルゴリズムが更新されました!
Mesa/BoogieのMark IIやOarngeのR100が追加され、アンプのバラエティーが更に広がりました。
さらに今回の目玉は、Eric Johnsonの名曲でもお馴染みのB. K. ButlerのTube Driverではないでしょうか!?
あのチューブならではのスムーズなサウンドは、試してみる価値ありです!

 

 

 

Messe II C+

 

Mesa/Boogie® Mark II C+™(LEAD channel)のエミュレーションです。「リキッド・リード」と呼ばれた伝説のリードサウンドと、タイトでフォーカスされたリズム・サウンドが特徴です。MetallicaやDream Theaterのサスティーンの効いたサウンドは、このアンプから生まれました。

OUT-Rはキャビネット・シミュレート出力。Mesa/Boogie® F-100™ combo (12インチ Classic Lead 80×4搭載)を接続した時のサウンドです。(XTOMPのみ)

 

 

 

 

 

Powerengle Clean

 

ENGL® Powerball II E645/2アンプヘッドのクリーン・チャンネルをエミュレートしました。スタジオグレードのクリアーでレスポンスの早いサウンドが特徴です。

OUT-Rはキャビネット・シミュレーターを通過した出力。ENGL® Pro E412VSB* 4×12(Celestion™ Vintage 30™スピーカー)から出力した時のサウンドです。(XTOMPのみ)

 

 

 

Tangerine R100

 

Orange® R100®ヘッドのエミュレーションです。Orangeでは初めてのハイゲイン・アンプで、ハードロックで長年愛用されてきた厚いサウンドが特徴です。

OUT-Rはキャビネット・シミュレート出力。Orange® PPC412* 4×12 のキャビネット(12” Celestion™Vintage 30™x 4搭載)を接続した時のサウンドです。(XTOMPのみ)

 

 

Tube Clipper

 

B.K. Butler® Tube Driver®のエミュレーションです。真空管12AX7搭載のチューブ・ドライブです。Eric Johnson「Cliffs of Dover」のヴァイオリンのようなトーンで有名となり、数多くのミュージシャンに現在も愛用されています。

 

 

 

 

 

 

 

Tweed Champ 1×8

 

Fender® Tweed Champ® 1 x 8”スピーカー搭載のキャビネット・エミュレーションです。Fenderカスタム・スピーカー(8インチ) x 1を搭載したモデルです。

 

ページの先頭に戻る